.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

npmのコマンド

詳細

インストール

  • package.jsonの内容に従って、パッケージをインストール
    npm install
    npm i
  • 個別にパッケージをインストール
    npm install [package-name]@[version]
    npm i [package-name]@[version]

--globalオプション

  • グローバル・インストール(全てのプロジェクトで使える)
    npm install --global [package-name]@[version]
    npm i -g パッケージ名

--saveオプション

パッケージをインストールし、その内容をpackage.jsonに保存する。

npm install --save
npm i -S

※ package.jsonが既存でないと保存しない。
 package.jsonが既存でない場合、npm initしておく。

--save-devオプション

「開発ツール」としてインストール対象のライブラリを認識する。

npm install --save-dev webpack webpack-cli
npm i -D webpack webpack-cli

※ 自動で package.jsonの dependencies ではなく devDependencies に追記される。
 npm install --productionとすると、devDependenciesはインストールされない。

アンインストール

  • パッケージのアンインストール
    npm uninstall パッケージ名
    npm un パッケージ名
  • グローバル・インストール・パッケージのアンインストール
    npm uninstall --global パッケージ名
    npm un -g パッケージ名

アップデート

パッケージのアップデート
未インストールのパッケージはインストールしない

  • パッケージのアップデート
    npm update
    npm up
    npm update パッケージ名
    npm up パッケージ名
  • グローバル・インストール・パッケージのアップデート
    npm update --global
    npm up -g
    npm update --global パッケージ名
    npm up -g パッケージ名

インストール・パッケージの表示

  • インストール・パッケージの一覧
    npm list
    npm ls
  • グローバル・インストール・パッケージの一覧
    npm list --global
    npm ls -g

セキュリティ監査

npm v6から「npm i」した際に、
以下のようなメッセージが表示される。

audited n packages in n.ns
found n vulnerabilities (n low, n high)
 run `npm audit fix` to fix them, or `npm audit` for details

監査レポートを取得

JSON形式の詳細な監査レポートを取得

npm audit

監査によりファイルを修正

package.json と package-lock.jsonが対象(オプションによるらしい)

npm audit fix

バージョンアップ

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-19 (木) 13:15:47 (19d)