.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • Node Package Managerの略
  • Node.js製パッケージ・マネージャ。
  • 開発環境系の管理
    Node.js用のパッケージを管理する。
    • タスク・ランナー
    • モジュール・システム
    • テスト・スイート
  • 依存性解決
    また、jQueryBootstrapといったWeb画面開発用ライブラリも管理されている。

    npm はもともと Node.js 上で動作するライブラリを管理するためのもだが、
    Node.jsスタイルのライブラリでもブラウザで実行可能な形式に変換して
    使用できるようになったため、npm さえあればbowerが無くても困らない状況が生まれた。

インストール

コチラを参考にする。

バージョンアップ

npm update -g npm
npm install -g npm@latest

※ Node.js自体のバージョンアップも必要。

設定

NuGet?で言うpackage.configの代わりにpackage.jsonを使用する。

詳細

プロジェクトとして初期化

JavaScriptライブラリを利用したいHTMLを
格納するディレクトリのルートで以下のコマンドを実行。

  • 省略初期化
    npm init -y
  • 対話型インタフェースで初期化
    npm init

これにより、package.jsonが生成される。

基本的なコマンド

インストール

アンインストール

インストール・パッケージの表示

package.json

詳しくはコチラを参照。

dependencies

  • dependencies
    • 依存関係パッケージであることを意味する。
    • --saveオプションを使用した際にdependenciesで保存される。
  • devDependencies
    • 開発用の依存関係パッケージであることを意味する。
    • 開発用の依存関係パッケージは、公開時に依存関係パッケージに含まれない。
    • --save-devオプションを使用した際にdependenciesで保存される。
  • peerDependencies
  • プラグインモジュール
    • プラグインのケース
    • モジュールのバージョンを固定する場合
  • シングルトンモジュール
    • プラグイン以外のケース
    • モジュールがアプリケーション全体でひとつである場合
  • optionalDependencies
    環境によって依存ライブラリが変わる場合に有効
  • bundledDependencies
    以下のケースで使用するとのこと。
    • you want to re-use a third party library that
      doesn't come from the npm registry or that was modified
    • you want to re-use your own projects as modules
    • you want to distribute some files with your module

連携

bowerとの連携

コチラを参考にする。

webpackとの連携

コチラを参考にする。

各種コマンド

インストール

  • package.jsonの内容に従って、パッケージをインストール
    npm install
    npm i
  • 個別にパッケージをインストール
    npm install [package-name]@[version]
    npm i [package-name]@[version]

--globalオプション

  • グローバル・インストール(全てのプロジェクトで使える)
    npm install --global [package-name]@[version]
    npm i -g パッケージ名

--saveオプション

パッケージをインストールし、その内容をpackage.jsonに保存する。

npm install --save
npm i -S

--save-devオプション

「開発ツール」としてインストール対象のライブラリを認識する。

npm install --save-dev webpack webpack-cli
npm i -D webpack webpack-cli

※ 自動で package.jsonの dependencies ではなく devDependencies に追記される。
 npm install --productionとすると、devDependenciesはインストールされない。

アンインストール

  • パッケージのアンインストール
    npm uninstall パッケージ名
    npm un パッケージ名
  • グローバル・インストール・パッケージのアンインストール
    npm uninstall --global パッケージ名
    npm un -g パッケージ名

アップデート

パッケージのアップデート
未インストールのパッケージはインストールしない

  • パッケージのアップデート
    npm update
    npm up
    npm update パッケージ名
    npm up パッケージ名
  • グローバル・インストール・パッケージのアップデート
    npm update --global
    npm up -g
    npm update --global パッケージ名
    npm up -g パッケージ名

インストール・パッケージの表示

  • インストール・パッケージの一覧
    npm list
    npm ls
  • グローバル・インストール・パッケージの一覧
    npm list --global
    npm ls -g

セキュリティ監査

npm v6から「npm i」した際に、
以下のようなメッセージが表示される。

audited n packages in n.ns
found n vulnerabilities (n low, n high)
 run `npm audit fix` to fix them, or `npm audit` for details

監査レポートを取得

JSON形式の詳細な監査レポートを取得

npm audit

監査によりpkglockを修正

npm audit fix

バージョンアップ

参考

コマンド

package.json

dependencies


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-12 (木) 10:55:45 (35d)