「[[.NET 開発基盤部会 Wiki>http://dotnetdevelopmentinfrastructure.osscons.jp]]」は、「[[Open棟梁Project>https://github.com/OpenTouryoProject/]]」,「[[OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会>https://www.osscons.jp/dotNetDevelopmentInfrastructure/]]」によって運営されています。

-戻る
--[[Dockerレジストリ]]
--[[Github - CI / CD関連]]
--[[パッケージ管理システム]]

*目次 [#z2fb6b95]
#contents

*概要 [#v88ffffc]
-Dockerのコンテナ・レジストリの内、最も一般的なもの。

-Docker Hubは既定で使っている状態なので、ココでは、~
主に[[Dockerイメージ>Docker#vee01503]]を登録する方法について言及する。

*詳細 [#q160b4ee]

**基本的な使い方 [#e4ff70dd]

***単体使い [#wf4dd6ba]
-Docker Hubは、[[Dockerレジストリ]]のうちの、

-[[Docker]]社による公開のコンテナ・レジストリ。

-他にも、ACR(Azure Container Registry)などがある。

-[[コチラ>https://techinfoofmicrosofttech.osscons.jp/index.php?Azure%20Kubernetes%20Service%20%28AKS%29#f0c15710]]でやったように「[[docker pushコマンド>Dockerコマンド#dc9017f9]]」で[[Dockerイメージ>Docker#vee01503]]を登録できるが、

***GitHub連携 [#qba652ed]
-ソレだけではなく、[[GitHub]]のリポジトリに[[Dockerfile>Docker#ea5191dc]]を登録して

-Docker Hubと連携させることで、[[Dockerイメージ>Docker#vee01503]]の~
登録・更新を自動化(Automated Build)できる。

--GitHubにDockerfileを公開
--Docker Hubにアカウント間のリンクを設定
--GitHub上のDockerfileを選択してビルド
--Docker Hubリポジトリにイメージが追加される。

**[[パブリック>#ebcb4390]]と[[プライベート>#d51d6170]] [#gac6c344]

***パブリック [#ebcb4390]
既定で利用可能(登録にはサインアップが必要)。

***プライベート [#d51d6170]
Docker Hub プランをアップグレードすると利用可能。

**[[個人>#r6d3c8bd]]と[[組織>#yea84654]] [#p1f46a4a]
何れも、名前空間として使用できる模様。

***個人 [#r6d3c8bd]
 docker push <hub-user>/<repo-name>:<tag-name>

***組織 [#yea84654]
 docker push <organization>/<repo-name>:<tag-name>

**管理 [#kc3462b6]
管理画面で管理が可能。

***パブリック ⇔ プライベート [#wbf34da0]
変更可能。

***... [#l5bf2411]

***削除 [#l9b5b6bc]
他のパッケージ・マネージャと異なり、削除ができる。

*参考 [#u046b296]

**Qiita [#de6615e5]
-DockerImageをDockerHubに登録する方法~
https://qiita.com/kon_yu/items/7c40f4dfbd1cce006ce7
-DockerhubにDockerイメージを登録してみた~
https://qiita.com/ksugawara61/items/e98edc767c79fd2856e1

**Publickey [#n80e0c43]
-AWSがDocker Hubの代替サービスを発表予告。~
パブリックにコンテナイメージを公開可能で~
50GBまで無料、AWSからなら何度でもプルし放題に~
https://www.publickey1.jp/blog/20/awsdocker_hub50gbaws.html
-Docker Hubに保存したコンテナイメージ、~
無料プランでは6カ月間使われないと削除へ~
https://www.publickey1.jp/blog/20/docker_hub6.html

-「GitHub Container Registry」~
パブリックベータとしてサービス開始。~
無料でコンテナのパブリックイメージ公開可能~
https://www.publickey1.jp/blog/20/github_container_registry.html

-Docker Hub、6カ月使われていないコンテナイメージの~
削除計画を保留に。従量課金ベースの料金プランを検討へ~
https://www.publickey1.jp/blog/20/docker_hub6_1.html

-Docker Hubの無料プランにおける利用制限、~
オープンソースのプロジェクトは適用外にするとDocker社が発表~
https://www.publickey1.jp/blog/20/docker_hubdocker.html

-「GitHub Container Registry」~
パブリックベータとしてサービス開始。~
無料でコンテナのパブリックイメージ公開可能~
https://www.publickey1.jp/blog/20/github_container_registry.html

-AWSがDocker Hubの代替サービスを発表予告。~
パブリックにコンテナイメージを公開可能で~
50GBまで無料、AWSからなら何度でもプルし放題に~
https://www.publickey1.jp/blog/20/awsdocker_hub50gbaws.html

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS