「[[.NET 開発基盤部会 Wiki>http://dotnetdevelopmentinfrastructure.osscons.jp]]」は、「[[Open棟梁Project>https://github.com/OpenTouryoProject/]]」,「[[OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会>https://www.osscons.jp/dotNetDevelopmentInfrastructure/]]」によって運営されています。

-[[戻る>FrontPage]]

*目次 [#o129179c]
#contents

*2018年 [#vbc51eb8]

**7月 部会 [#d4b52da8]
下記の部会の実施

-汎用認証サイト + FIDO2認証器 連携 SW

**9月 部会発表 [#pd0e3ffc]
下記の部会の実施

-OSSコンソーシアム内、部会紹介
-汎用認証サイト + FIDO2認証器 連携 SW

***部会概要 [#p141e432]
開発基盤部会 - OSSコンソーシアム~
https://www.osscons.jp/dotNetDevelopmentInfrastructure/

- Open棟梁について~
https://www.osscons.jp/dotNetDevelopmentInfrastructure/OpenTouryo/

-開発基盤部会 Blog~
https://www.osscons.jp/dotNetDevelopmentInfrastructure/Blog/

--Open棟梁プロジェクトの取り組みについて。~
http://www.osscons.jp/joekupi0t-537/

---Open棟梁プロジェクトの取り組み~
https://www.slideshare.net/daisukenishino/open-99481611

--Open棟梁プロジェクトの背景について。~
http://www.osscons.jp/joekupi0t-537/

---Open棟梁プロジェクトの背景~
https://www.slideshare.net/daisukenishino/open-105528529

★ 見ても解らないので、下で説明します。

***部会で、やっていること。 [#sb7b46a5]
-★ 基本的に、生産性向上がミッション( ≒ 生産技術)。

-★ 生産技術の視点では、
--「スクラッチ開発の生産性向上」から、
--「課題解決に近い新技術導入の生産性向上」への

>へのシフトの機運が高まっている感じがする。

-★ Open棟梁プロジェクト~
https://github.com/OpenTouryoProject

--フレームワーク&ライブラリ(本体)

---OpenTouryo~
https://github.com/OpenTouryoProject/OpenTouryo

--★ 業務アプリ開発基盤(v1)

---OpenTouryoTemplates~
https://github.com/OpenTouryoProject/OpenTouryoTemplates
>業務アプリ開発基盤の本体、~
.NET Frameworkから .NET Standard, .NET Core へ移行対応

---AsynchronousProcessingService(非同期処理サービス)~
https://github.com/OpenTouryoProject/AsynchronousProcessingService
>DBMSをキューにしたWindows Serviceによる非同期処理サービス

---HumanWorkflowTemplate(ヒューマン・ワークフロー)~
https://github.com/OpenTouryoProject/...
>ヒューマン・ワークフロー・ライブラリを使用したテンプレート

--★ サービス・アプリ開発基盤(v2)

---MultiPurposeAuthSite(IdP/STS)~
https://github.com/OpenTouryoProject/MultiPurposeAuthSite
>IdP/STS、OpenID ( OAuth2 / OIDC / Financial-API ), FIDO2対応

---FrontendTemplates(フロントエンド)~
https://github.com/OpenTouryoProject/FrontendTemplates
>JavaScript、ネイティブ

---MultiPurposeMobileBackend(IdP/STS)~
https://github.com/OpenTouryoProject/...
>mBaaSのテンプレート

-★ 業務アプリ開発基盤(v1)、サービス・アプリ開発基盤(v2)の違い。~
https://www.slideshare.net/daisukenishino/openosc2018hiroshima

-★ マイクロソフト系サポート、サポート技術文書作成(Wiki)のPVが伸びてる。~
--https://techinfoofmicrosofttech.osscons.jp/
--[[https://analytics.google.com/analytics/...>https://analytics.google.com/analytics/web/#/report/visitors-actives/a66029213w102393518p106417720/_u.date00=20170901&_u.date01=20180831&_u.date10=20160901&_u.date11=20170831/]]

-サブ・ワーキング

--★ Apache NiFi 応用 SW~
https://www.osscons.jp/jodqs94fu-537/

--★ 汎用認証サイト + FIDO2認証器 連携 SW~
https://www.osscons.jp/joi5xu2en-537/

--Webサービス開発 SW(停止中)

***最近、重要だと思っていること。 [#n1c24cfa]
-Open棟梁プロジェクトの背景について。 - OSSコンソーシアム~
https://www.osscons.jp/joxn6orp7-537/

--★ [[前述の生産技術の変化>#sb7b46a5]]に加え、~
R&D系の要素技術のコモディティ化を感じる。~
https://www.slideshare.net/daisukenishino/open-105528529/2

---生産技術自体も要素技術のコモディティ化に追随して、~
能率面だけでなく、効率面の生産性も上げていかないと厳しい。

---しかし、R&Dは、R&Dで、コモディティ化が激しく、~
独自の研究・開発の芸風からの脱却が必要になって来ている。

---双方苦しいので(?)、結果として、~
生産技術とR&Dの融合が起きるのではないだろうか?~
([[何故、生産技術とR&Dは、別々に扱われていたのか?>#u53704f6]])

---生産技術自体の生産性を上げるため、~
OSS(v1, v2, v3)の開発・案件導入を推進して行く。

---昨今、商流関係無しのOSS導入アリ。~
経験的に「Face to Face」が重要と分析している。

-★ 案件導入を推進するためには、~
ステークホルダー・マネジメントが重要になってきた。

--営業コンテンツ - Open 棟梁 Wiki~
https://opentouryo.osscons.jp/index.php?%E5%96%B6%E6%A5%AD%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%84

--OSSコンソーシアム > 開発基盤部会 Blog
---変えたくないけどオープン化の波。どう対応する?的な話。~
https://www.osscons.jp/joe6v0pst-537/
---解決すべき問題に向けテクノロジという手段を選択し前進しているか?~
https://www.osscons.jp/jo5a7zd28-537/

-★ ステークホルダー・マネジメントしていると、結果的に、~
マーケティング & プロモーションが重要になってくる。
--ステークホルダーのニーズを知る = マーケティング
---開発基盤、DevOps: 近いニーズ
---PoC系(IoT, AI): 遠いニーズ

--ステークホルダーを納得させる = プロモーション
---ブログを書く(週2ペース)
---色々なトコロに出展させていく(OSCなど)。

-★ 最終的には企業として一体化することが必要と考えている。~
https://www.slideshare.net/daisukenishino/open-105528529/5~
~ https://www.slideshare.net/daisukenishino/open-105528529/8

***プロジェクト(AS-IS -> TO-BE) [#ma0d56b0]
[[前述の検討結果>#n1c24cfa]]を踏まえて事業的側面を強化する。

-Open棟梁プロジェクトの取組について。 - OSSコンソーシアム~
https://www.osscons.jp/joekupi0t-537/

--サービス・アプリ開発基盤(v2)の開発目標~
https://www.slideshare.net/daisukenishino/open-99481611/18

--(v2) --> 企業のITインフラのポートフォリオの拡充(v3)のコンセプト~
https://www.slideshare.net/daisukenishino/open-99481611/19

-直近のアクティビティ~
https://www.slideshare.net/daisukenishino/oss-2018-103060328/10

--★(v2)
---OpenID系の認証基盤開発、既存テンプレートの認証基盤連携は、ほぼ完了。
---スマホ・ネイティブやハイブリッド・アプリケーションの認証含めたテンプレート化

--★(v%%3%%2.5)DevOps:
---(レグレッション)テスト自動化、CI / CD基盤の導入
---[[Docker]], [[Open PaaS]](ASP.NET Core on Linux)

--★(v3)IoT, AI:~
現時点では、何やったら良いか良く解らない。

***部会連携 [#n80d4efc]
★ 検討課題。

-AS-IS系~
クラウド部会、データベースともに~
使っているけど、どう連携するか?
--クラウド部会
--データベース部会

-TO-BE系~
需要がシフトしているので、上手く絡めると良いなぁと思っている。
--分散コンピューティング部会
--AI IoT Robotics Automotive部会

-上モノ系~
上モノ(アプリ)は近いと思ってたけど逆に遠いのかも知れない。

--教育ICT部会~
今のトコロ、教育系のプロダクトにコアに係っていない。

--ビジネスアプリケーション部会~
[[MultiPurposeAuthSite, MultiPurposeMobileBackend>#sb7b46a5]]~
などと連携可能と思うが、上モノ過ぎて、なかなか難しい。

--オープンCOBOLソリューション部会~
TP1/COBOLのフロント開発とかやったことあるので、~
そういう組合せで提案したりすることは出来るかも?

-実家が近い系
--東海支部

***キーワード [#t7993d8b]
★ 某弊部会でやって行けそうな技術。

-言語~
拘っていない。
--.NET~
と言いつつ。
---.NET Framework
---.NET Core
---.NET Standard
--JavaScript

-認証技術
--FIDO2
--OpenID
---OAuth2
---OpenID Connect
---Financial-API

-フロントエンド
--Node.js系のCLIツール
---[[SPA>(MV*) UIフレームワーク]]: JavaScript, [[React]].js, etc.
---[[Android]], [[iOS]]の Frontend: [[Apache Cordova>Cordova (PhoneGap)]], [[PWA>PWA(Progressive Web Apps)]].
--mBaaSなどの、Backend アプリケーション開発技術

-DevOps
--(レグレッション)テスト自動化
--CI/CD基盤の導入
--[[Docker]], [[Open PaaS]](ASP.NET Core on Linux)

-[[IoT]], [[AI>人工知能(AI)]]
--[[Apache NiFi]]

*2019年 [#yec33372]

**2、4月 部会 [#s78a6517]
-汎用認証サイト + FIDO2認証器 連携 SW
-連携を検討頂いたが、連携先事業的にも難しいということで。

**11月 部会発表 [#a0afbed8]
最近の活動状況を。

***活動方針など [#h736c693]

-基本的なことは、「年度 活動方針」に書いてある。

--第11回総会も差し迫ってきたので、~
2019年度、部会活動計画について。 - OSSコンソーシアム~
https://www.osscons.jp/jodbfp02s-537/
---OSSコンソーシアム 開発基盤部会 2019年度 活動方針・部会紹介~
https://www.slideshare.net/daisukenishino/oss-2019

-最近、考えていることは、~
ブログの投稿内容からも読み取ることはできる。

--2019年度 第1, 2Q 投稿記事とWiki~
アクセス・カウントまとめ - OSSコンソーシアム~
https://www.osscons.jp/joob5i1zy-537/

---開発系~
・Open棟梁~
・汎用認証サイト~
・.NET Core、Linux対応関連

---ミッション~
・ICT生産技術界隈よもやま話~
・OSSコミュニティ活動

---最近考えている事~
・組織的プロジェクト・マネジメント~
・価値を創出するプロセスについて考える

---その他~
・トレンド、時勢~
・その他

***導入事例 [#m93bbd8b]
([[PMIS>https://dotnetdevelopmentinfrastructure.osscons.jp/index.php?PMP%EF%BC%9A%E7%9B%A3%E8%A6%96%E3%83%BB%E5%88%B6%E5%BE%A1#sc3380a5]])

-V1~
エンタープライズ・システム開発基盤

--検索結果(2019/10/20)
 AAAAA 1件
 他組織のデータでは6組織で225件(
    BBBBB 171件 
    CCCCC 35件
    DDDDD 9件
    元:EEEEE 7件
    FFFFF 2件
    GGGGG 1件
  )の事例がありました。

---2018/04(?)に調査した際の事例数は180件程度だった。

---[[2019/02に調査した際の事例数は203件だった>https://www.osscons.jp/joa9xjqoq-537]]ので、~
「だいたい、&color(red){30 - 40 案件 / 年}; 程度の導入実績がある。」~
([[PMIS>https://dotnetdevelopmentinfrastructure.osscons.jp/index.php?PMP%EF%BC%9A%E7%9B%A3%E8%A6%96%E3%83%BB%E5%88%B6%E5%BE%A1#sc3380a5]]に入っていない案件も幾つか把握しているタメ)

--[[商流外の採用も出てきている。>https://groups.google.com/forum/#!topic/opentouryoproject/7Aa8ZvjfrTg]]

--大手のエンドユーザの採用なども...(&color(red){秘};)。

--上記に伴いGr会社にも波及
---先月の東京出張はコレ。
---外部からの攻略が有効(治工具 → OSS化で可能になった)。
---オーナーシップの無い人、内部を巻き込んでもしょうがない。

--予算面 ... 厳しい
---Buzz系の方が付く。
---ビークル側での導入が不調(事業 / 文化とミスマッチ)
---ベネフィット創出にコミットしない(オーナーシップが無い)。
---結論:裁量労働的にはコミュニティでイイか...(謎)。

-V2~
サービス開発基盤

--導入事例...(&color(red){秘};)。

--OSSコンソーシアム~
マイクロサービスやクラウドネイティブ、クラウドインテグレーション的な案件。
---オレオレPKCE実装とマイクロサービスやクラウドネイティブ開発の浸透~
https://www.osscons.jp/jom4szpyu-537/
---クラウドネイティブ開発の浸透と、トークン・チェックのカスタマイズ~
https://www.osscons.jp/jospv68kt-537/
---某ペイの件でPPIDが話題になっていたので調べてみた。~
https://www.osscons.jp/joaobcik3-537/
---PPIDを考えていたら、その周辺まで考えることになった。~
https://www.osscons.jp/joxow0mh8-537/

***マイブーム [#edc7b837]
プログラム・マネジメントからの価値創出 → 組織化

-プログラム・マネジメント

--組織的プロジェクトマネジメント(OPM)について考えた。~
https://www.slideshare.net/daisukenishino/opm-146234943

--プログラム・マネジメント @ Open棟梁プロジェクト~
https://www.slideshare.net/daisukenishino/open-151001503

-勉強してみて、
--そもそも、プログラムになっていた。
--ビジネス・フレームワークに当てはめ、妥当性を検証
--より大きな価値(ベネフィット)創出を目指す。

-価値創出

--どうやって「価値」を産むか?
---本編:https://www.slideshare.net/daisukenishino/ss-161117436
---付録:https://www.slideshare.net/daisukenishino/ss-175333706

***技術的な話 [#r1552bfe]
-継続的に、脱Windows & .NETしている。
--主に、Linux & JavaScript方面にシフトしている。
--Windows & .NETがダメという話では無いので注意。

-.NET開発基盤部会 → 開発基盤部会へ。~
いよいよLinux(WSL、Docker)で本格的に動作、Node.jsへの取り組みも拡大。

-Open棟梁の対応アプリケーション・アーキテクチャ一覧
--v1:https://www.slideshare.net/daisukenishino/open-v1
--v2:https://www.slideshare.net/daisukenishino/open-v2-155073908

-クラウド・インテグレーションは、
--認証系を除くと、≒ 項目移送おじさん2ndエディション(後の、配管工おじさん)。
--価値を創出できる箇所が絞られてきた感がある。~
→ 要素技術&プログラム・マネジメント(後に、ユースケース検証)。

***オーガナイザーへ [#r5e0ebcf]
-プログラム・マネージャからオーガナイザーへ。

--&color(red){最近、解って来たんですが、私、デマンドサイド人だと思います。};

---恐らく、OSSCのメンバの多くは、殆ど、サプライサイドと思います。

---Windows & .NET、デマンドサイドとクラスタが違うので生暖かく見守って頂きたく。

--&color(red){V2.5}; 検討ネタ(CI/CD, [[Docker]], [[Open PaaS]])~
全体的にトーンダウンしているが、強いて言うなら、
---CI/CD(→ [[GitHub]] Actions)
---[[Docker]], Open PaaS(→ [[Docker Compose>Dockerコンポーズ]]、[[Kubernetes]])

--&color(red){V3}; 検討ネタ(IoT, ビッグデータ, AI)

---[[ルマンドのコンセプトの絵>https://www.google.com/search?safe=off&tbm=isch&q=Lumada+%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%97%E3%83%88]]は、ポートフォリオとしては有用なの?

---[[「Edge」「Core」「Analytics」「Studio」「Foundry」>IoT Edge Computing#dd7b0e08]](なにやる?)

---クラウド・インテグレーション & IoTの事例とは結構違う。

--こんな感じ?

---[[センサー・ツイート>https://pbs.twimg.com/media/DAMiPYIVYAE4xfI?format=jpg&name=medium]](Win10 IoT Core → Raspbian?)

---[[NiFiファースト & セカンド・ステップ>https://www.osscons.jp/jodqs94fu-537/]](忘却の彼方)

---[[某社OCS展示物>https://www.osscons.jp/dotNetDevelopmentInfrastructure/Blog/?action=common_download_main&upload_id=999]](&color(red){Node-RED};?)

---汎用認証サイトに「[[Device Flow>https://techinfoofmicrosofttech.osscons.jp/index.php?OAuth%202.0%20Device%20Flow]]」を実装したい。

-osscons.jp

--サプライサイドとデマンドサイド以外の対立軸を分析してみる。~
https://www.osscons.jp/jovtqd9vo-537/

--こないだ、OSC広島前日に某社営業氏と酒を飲んだ話。~
https://www.osscons.jp/jopsqlgav-537/

-slideshare.net

--「三方よし」から考える価値~
https://www.slideshare.net/daisukenishino/ss-176280858

--オーガナイズ(組織化)してみよう~
https://www.slideshare.net/daisukenishino/ss-178748922

**メモ(1月) [#lba61bc6]

***生産技術とR&D [#u53704f6]
何故、生産技術とR&Dは、別々に扱われていたのか?

-先ず、「生産性向上」と「技術開発」でミッションが違う。

-次いで、注力するマーケット・ライフサイクルも「メインストリーム市場」と「初期市場」で異なる。

--昨今は、このライフサイクルの後半程、コモディティ化の度合いが大きくなっていっている。

--そいう意味で、ジャパン・トラディショナルなメーカー系プロダクトが淘汰されている。

-また、「デマンドサイド寄り」か?「サプライサイド寄り」か?が異なる。~
所詮はベンダなのでデマンドサイドには寄り切れないが、
--生産技術のほうが、若干、デマンドサイド寄り。
--R&Dのほうは、がっつり、サプライサイド寄り。

|#|項|ミッション|マーケット・ライフサイクル|寄り|h
|1|生産技術|生産性向上|メインストリーム市場|デマンドサイド|
|2|R&D|技術開発|初期市場|サプライサイド|

***昨今のトレンド [#m4180111]
-対立構造の解消

--アジャイル~
サプライサイド・デマンドサイド対立の解消

--DevOps~
アプリ開発・システム構築 / 運用 対立の解消

--脱製造~
プロフィットセンター・コストセンター対立の解消~
マーケティング、設計、調達、生産、物流、販売を一体でやる

-「生産性向上」と「技術開発」が~
融合したような部署名が身近で誕生したりしている。

*2020年 [#de97a84d]

**11月 部会発表 [#h2ff4549]
今年も、部会発表は11月になりました。

-2020年度 部会発表 - OSSコンソーシアム~
https://www.osscons.jp/jo84rh8h8-537/#_537

***活動方針など [#n58f8443]
[[前回>部会メモ#h736c693]]から変更なし。

-基本的なことは、「年度 活動方針」に書いてある。
--2020年度活動方針・部会紹介(発表動画) - OSSコンソーシアム~
https://www.osscons.jp/jo8h74jij-537/
---SlideShare~
https://www.slideshare.net/nishi_74322014/oss-2020
---(発表動画) - YouTube~
https://www.youtube.com/watch?v=UUMDjkW7Oxk

-計画は、着実に進行中。

***導入事例 [#c4f07b48]
-某 [[PMIS>https://dotnetdevelopmentinfrastructure.osscons.jp/index.php?PMP%EF%BC%9A%E7%9B%A3%E8%A6%96%E3%83%BB%E5%88%B6%E5%BE%A1#sc3380a5]] 検索結果
--2018/04:180件
--2019/02:203件
--2019/10:226件
--2020/06:240件

>※ だいたい、&color(red){30案件 / 年}; 程度の導入実績がある。~
※ 殆どが、V1系。V2系は、僅かに数件程度。~
※ V2, 3系に該当する案件は、まだ非常に少ない。

-PV
--Wiki~
20XX年度のデータは~
「20XX/08/10 - 20XX+1/08/09」~
の間のPVを集計したモノ。

---集計表~
最近は、&color(red){90万PV / 年}; 程度
|#|サイト|2015年度|2016年度|2017年度|2018年度|2019年度|h
|1|[[MSTC>http://techinfoofmicrosofttech.osscons.jp/]]|247,913|351,204|527,645|756,671|763,301|
|2|[[棟梁>http://opentouryo.osscons.jp/]]|16,447|29,345|31,885|32,212|36,117|
|3|[[部会>FrontPage]]|-|11,881|33,381|42,557|79,966|
|4|合計|264,360|392,430|592,911|831,440|879,384|

---グラフ~
スケールは違うが伸び率は似たり寄ったり。
#ref(PV_Graph.png,center,nowrap,イメージ,75%)

--Blog
---2.5年前から週3回投稿
---現在、385件の投稿あり。
---PVは、どの位なのだろうか?

--YouTube

---2020/5 - 動画投稿を開始してみた。
---2020/5 - 11 の 6ヶ月間の視聴回数:&color(red){850回}; 

※ 部会活動7年目だが、まだまだ、指標も~
  徐々に明らかになりつつあるフェーズ。

***マイブーム [#b0da58f1]
-ざっくり言うと、~
[[プログラム・マネジメント>PMP:共通 - OPM - プログラム・マネジメント]] → オーガナイザー~
としてのタスクを[[Web系>SaaS設計のポイント]]、[[DX系>DXのポイント]]の上で実践して行く。

-新作スライド:~
OSSコンソーシアム 開発基盤部会 2020年度 部会発表(補足資料)~
https://www.slideshare.net/nishi_74322014/oss-2020-239100968

-参考
--OSSコンソーシアム
---組織的プロジェクトマネジメント(OPM)~
・...について考える。(2019/05/10)~
 https://www.osscons.jp/joyxvre8h-537/~
・...に関する現時点の問題点。(2019/05/22)~
 https://www.osscons.jp/jol4hhbjg-537/~
・...に関する、まとめ。(2019/07/31)~
 https://www.osscons.jp/jowyz4luu-537/~

---価値を創出するプロセスについて考える~
・①(2019/08/05):https://www.osscons.jp/jofivus3j-537/~
・②(2019/08/12):https://www.osscons.jp/joauniwnt-537/~
・③(2019/09/02):https://www.osscons.jp/jooc3evs5-537/
---オーガナイザー的役割~
・こないだ、生産技術界隈人達と~
 酒を飲んだ話。(2019/09/27)~
 https://www.osscons.jp/jolj724pu-537/~
・ベネフィット・マップの~
 「三方よし」版を書いてみた。(2019/09/30)~
 https://www.osscons.jp/jo53pw9aq-537/~
・オーガナイザー的役割が重要視されつつある~
 と言うが、何すりゃエエの?(2019/10/11)~
 https://www.osscons.jp/jo7y2iz06-537/

***技術的な話 [#s522d765]
-v1系は、
--保守フェーズへ...。
--とは言え。ユーザは最多。

-v2系
--2.0は、
---SAML、OAuth2/OIDC、FAPI
---CIBA、Device Flow等の新規格等への追随
--2.5は、IaC:[[Docker Compose>Dockerコンポーズ]]、[[Kubernetes]]、[[Helm Charts]]

>※ いつの間にか、[[Linux上での動作や開発も可能になった>https://www.osscons.jp/joazwac6h-537/]]。~
※ 近日、.NET 5 への対応を実施する予定。

-v3系は、新規。
--IoT:.NET Core On [[Docker On Rasbian]]
--BD:[[Azure HDInsight, Databricks>https://techinfoofmicrosofttech.osscons.jp/index.php?Azure#p21693dd]]
--AI:コモディティとして利用(?)

***企画系エンジニアリング [#a481dd15]
-[[OPM>PMP:共通 - 組織的プロジェクト・マネジメント(OPM)]]([[PfMP]]、[[PgMP]])~
資格取得を目標に活動。

-様々なユースケースの研究を行う。~
>[[製造系の生産技術のソリューション例>DXのポイント#qb11503c]]は、~
≒ プログラム・マネジメントになっている。

-生産技術と研究開発に差が無くなってきたと書きましたが、~
技術職と企画職にも差が無くなってきたような気がしています。

--ソフトウェアの生産技術と研究開発の歴史と、その融合。 - OSSコンソーシアム~
https://www.osscons.jp/jow7n5vww-537/

***背景の空気感 [#m496110f]

-全体的に、ソリューションが弱い。
--GAFA(M) → 退屈
--YouTuberは面白かったが徐々に退屈に。

-退屈になる理由:

--風に乗ってるダケの人が~
増えてくると退屈になる。

--規制が強くなるから?
---YouTubeでは、規約更新が。
---クラウド系では、OSSライセンス?
---政治では、ポリティカル・コレクトネス
---規制が強くなる理由は?~
・何が面白いか?では無くなる。~
・金にならない事はヤらない。

--出来る空気なのに、出来てない。
---認証
---モバイル
---クラウド
---コンテナ
---DX(IoT、BD、AI)

--技術的には、出来はする。
---ソリューションが無いから予算がつかない。
---風に乗ったモノに予算は付く。
---共通基盤が風に乗っている。
---...が実態は開発基盤と同じ。
---案外、歴史の古い開発基盤側も出来てない。

-課題はソリューション側?~
「[[企画系エンジニアリング>#a481dd15]]」の重要性が増す?
--生技系 → 要素系(逆行?)
--ソリューション → インサイト(古い?)

-参考~
2020年 SIビジネス・10大予想 :ITソリューション塾:オルタナティブ・ブログ~
https://blogs.itmedia.co.jp/itsolutionjuku/2020/01/2020si10it.html
--予想1 :デジタル・トランスフォーメーション(DX)に関わるビジネスの多くはかけ声倒れに終わる
--予想2 :SI事業者のプラットフォーム戦略は、大きな成果をあげられない
--予想3 :アジャイル開発に関われないSI事業者のビジネス・チャンスが制約される
--予想4 :オンプレミスにクラウド・ネイティブが浸透する
--予想5 :5Gがスタートするもビジネスの方向性を描けないでまごつく企業が続出
--予想6 :「働き方改革」の成否がSI事業の成否を分ける
--予想7 :ユーザー企業がSI事業者と競合する時代を迎える
--予想8 :ヒューマン・オーグメンテーション(人間拡張)を見据えたビジネスの再定義が必要になる
--予想9 :クラウド・ネイティブへの対応の差がSI事業の業績に決定的な差を生みだす
--予想10:ITリテラシーの低い企業/人たちはビジネス・チャンスを失う

***オフレコ [#racc9d4d]
働き方改革&コロナで変わってきた。

-ホントの意味での裁量労働になってきた。

-フルリモートで拘束時間が無くなった。

-コミュニティ(部会)活動は、
--会社の予算「外」化
--名義は個人 or 部会

-%%実働は、%%コミュニティ(部会)活動が中心に。

--アセットが「社内 <<< 社外」と言う特殊な状況になった。
--KPIは、「コミュニティ(部会)成果物の引き入れ」で達成する。

-漫画家のような生活(面白いネームを考えて絵を書く仕事)

**その他の活動 [#md0a2a2a]

***[[オンライン or セルフZoom>#ydc0c62e]] [#s189f889]

***他組織との連携 [#r1af7db5]
以下、参加イベント。

-Covidデータ活用
-第1回 ReceiptLine ハンズオン・セミナー
-Databricks勉強会(2020/11/25開催)
-その他、#didcon、#idcon など。

*2021年 [#w2ff8a0f]
**... [#de61c0ed]
**... [#a20c4dad]

*2022年 [#ef390c9a]
**... [#u15bbe9e]
**... [#pbdb3390]

*その他の活動 [#m398cb18]

**[[部会メモ(Open棟梁)>https://opentouryo.osscons.jp/index.php?%E9%83%A8%E4%BC%9A%E3%83%A1%E3%83%A2]] [#ydc0c62e]

**活動履歴情報 [#yffa67a1]

***2018年度 [#jf2f27ae]
-.NET開発基盤部会の方向性について~
https://www.osscons.jp/jokjfpson-537/

-第10回総会も差し迫ってきたので、~
2018年度、部会活動計画について。~
https://www.osscons.jp/jour2prxk-537/

-[[9月 部会発表>#pd0e3ffc]]

-OSC 2018 広島
--に申し込みをしました。~
https://www.osscons.jp/johzfm304-537/
--参加報告~
https://www.osscons.jp/jo2allmgh-537/
--Open棟梁 v02-30 デモ手順
---(1):https://www.osscons.jp/jotx0u0e4-537/
---(2):https://www.osscons.jp/jobf9l4ac-537/
---(3):https://www.osscons.jp/jov4foi2y-537/
---(4):https://www.osscons.jp/joyt1eud9-537/

-投稿記事とWikiアクセス・カウントまとめ
--第1Q~
https://www.osscons.jp/jo3t6yoiq-537/
--第2Q~
https://www.osscons.jp/jo3t6yoiq-537/
--第3, 4Q~
https://www.osscons.jp/jog2ubp4p-537/

***2019年度 [#y52a5d90]
-第11回総会も差し迫ってきたので、~
2019年度、部会活動計画について。~
https://www.osscons.jp/jodbfp02s-537/

-[[11月 部会発表>#a0afbed8]]

-投稿記事とWikiアクセス・カウントまとめ
--第1, 2Q ~
https://www.osscons.jp/joob5i1zy-537/
--第3, 4Q~
https://www.osscons.jp/jo8utmabj-537/

***2020年度 [#t178a587]
-活動方針・部会紹介(発表動画)~
https://www.osscons.jp/jo8h74jij-537/
-第3, 4Q 活動予定まとめ~
https://www.osscons.jp/joymtg463-537/

-[[11月 部会発表>#h2ff4549]]

-投稿記事とWikiアクセス・カウントまとめ
--第1, 2Q~
https://www.osscons.jp/jo5x2ply0-537/
--第3, 4Q~
https://www.osscons.jp/.../

***2021年度 [#d883a84e]
***2022年度 [#ma2de3ec]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS