.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

中国のメーカー「Seeed Studio」が開発した、アプリから操作できるIoTデバイス。

  • ビルディングブロックアプローチを採用した試作システムで、REST APIを使用して、視覚的な設定と制御が可能。
  • 搭載されているESP8266というマイコンをArduinoとして動作させ、プログラミングで制御することもできるらしい。

特徴

  • 総務省の工事設計認証(技適)取得済みのESP-WROOM-02(小型Wi-Fiモジュール)を搭載
  • 低価格(1,000円程度)、軽量、コンパクト、シンプル
  • 反面、Groveシステムの各デバイスが、若干高額。

機能と、用途

Grove System

  • ビルディングブロックアプローチを採用した、モジュール式の標準化されたコネクタ試作システム。
  • コネクタをもった電子部品をケーブルで繋ぐことにより、Plug-n-Playで電子工作が可能。

Wio Link

スマホアプリ(Wio Link)を使用して、

  • 視覚的な設定が可能。
  • OTA(Over The Air)ファームウェアアップデートが可能。

REST

  • REST APIで値の取得・制御を行える。
  • HTTPだけでなく、HTTPSに対応している。

IFTTT

IFTTTに対応。

認証

  • Wio LinkでTokenを見て、RESTの引数に指定する感じ。
  • 恐らく、Wio Linkで[Add your device]した時に、
    Wio LinkとWio Node間で認証している(要確認)。

参考

Wio Nodeを試してみた。 - Qiita

http://qiita.com/tamaki/items/6935d55dc6a7ea642f00

Grove System

2時間でつくるIoT開発ハンズオン [WioNode?] in Osaka - connpass

https://sha.connpass.com/event/51601/

その他


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-13 (火) 02:31:19 (17d)