.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

Linuxを触りたかったので、Windows上のVirtualBox?にインストール。

  • Ubuntu 16.04.3 LTS Server
    ubuntu-16.04.3-server-amd64.iso

準備

isoの取得

1

ブラウザで https://www.ubuntu.com/ を表示。

1

2

Downloads → Alternative downloadsを選択。

2

3

See all Ubuntu mirrorsをクリック。

3

4

Japanの中からRIKENの「http」をクリック。

4

5

16.04.3をクリック。

5

6

ubuntu-16.04.3-server-amd64.isoをクリック。

6

7

保存先フォルダを選択し、「保存」をクリック。

7

VirtualBox?

基本的に、コチラと同じ。

以下だけ異なる。

VDIを設定

9

仮想マシンの作成のダイアログ。

  1. 仮想マシンの名前(名前を付与、ここではUbuntu 16.04.3 LTS Server)を設定
  2. タイプを「Linux」、バージョンを「Ubuntu(64-bit)」を選択し、「次へ」をクリック。
9

14

ファイルの場所とサイズについては、この内容で問題ないならそのまま「作成」をクリック。

14

光学ドライブを設定

19

  1. 「ストレージツリー」から「空」と表示されているディスクのアイコンを選択、
  2. 「光学ドライブ」の右にあるディスクのアイコンをクリック。
19

20

7」で保存したISOファイルを選択し、「開く」をクリック。

20

21

「OK」をクリック。

21

Ubuntuのインストール

インストール

22

「起動」をクリック。

22

23

「日本語」を選択しEnterキーを押下。

23

24

「Ubentu Serverをインストール」を選択しEnterキーを押下。

24

25

「はい」を選択しEnterキーをクリック。

25

26

「日本」を選択しEnterキーを押下。

26

27

「Japanese」を選択しEnterキーを押下。

27

28

Enterキーを押下。

28

29

任意のホスト名を入力後、「続ける」を選択しEnterキーを押下。

29

30

任意の名前を入力後「続ける」を選択しEnterキーを押下。

30

31

任意のユーザ名を入力後「続ける」を選択しEnterキーを押下。

31

32

任意のパスワードを入力後「続ける」を選択しEnterキーを押下。

32

33

パスワードを再入力後「続ける」を選択しEnterキーを押下。

33

34

「いいえ」を選択しEnterキーを押下。

34

35

「ガイド - ディスク全体を使う」を選択しEnterキーを押下。

35

36

Enterキーを押下します。

36

37

「はい」を選択しEnterキーを押下。

37

38

プロキシの情報を入力後「続ける」を選択しEnterキーを押下。

38

39

任意選択しEnterキーを押下。

39

40

  • Standard system Utilities
  • OpenSSH server

を選択後「続ける」を選択しEnterキーを押下。

40

41

「はい」を選択しEnterキーを押下。

41

42

「続ける」を選択しEnterキーを押下。

42

43

インストールが完了し、Login可能になる。

43

SELinux機能の無効化

ネットワーク設定

44

VirtualBox?マネージャーの「設定」をクリック。

44

45

  • ネットワーク → 「アダプター1」タブを選択後、
    「高度」をクリックしMACアドレスを確認しメモしておく。
45-1
  • 「アダプター2」も同様にする。
45-2

46

ネットワークインタフェースの確認

  • Ubuntuにログインし以下のコマンドを実行。
    sudo  lshw  –class  network
  • 45」で確認したMACアドレスと以下の画面の
    「serial」を突き合わせ「ホストオンリーアダプタ」のNICを確認する。
46

47

  • 以下のコマンドを実行し、
    sudo vi /etc/network/interface
  • 以下の行を追加して保存。
    # secondory
    auto enp0s8
    iface enp0s8 inet static
        address 192.16.56.100
        netmask 255.255.255.0
47

48

  • 以下のコマンドを実行し、
    sudo vi /etc/host.allow
  • 以下の行を追加して保存。
    ALL: 192.168.56.
    #ref(48.png,left,nowrap,48,60%)

49

shutdown –r now でOSを再起動する。

インストールしたイメージを保存

コチラと同じ。

ホストOSからのアクセス確認

コチラと同じ。

Ubuntuの初期設定

プロキシ設定

エンプラでよくある、プロキシを使用している場合、プロキシ設定を変更する。

  • パッケージマネージャの使用するプロキシに関しては、
    Ubuntuインストール時(38)で設定済み。

apt-get でアップデート

  • apt-getは、Debianプロジェクトが開発した
    各種Linuxパッケージを管理するパッケージ管理システム
  • Ubuntuはyumではなく、apt-get でアップデートする。

rootログインの無効化

  • 手順
    • sshd_configをviで開く。
      # vi /etc/ssh/sshd_config
    • 以下のように設定して保存
      # PermitRootLogin no
    • sshサービス(デーモン)の再起動
      # systemctl restart ssh
  • 確認
    • root ユーザーで SSH を使いログインし、認証に失敗する。
    • root 権限を持ったユーザーのログインが成功する。

以上


添付ファイル: file48.png 41件 [詳細] file47.png 80件 [詳細] file46.png 65件 [詳細] file45-2.png 84件 [詳細] file45-1.png 58件 [詳細] file44.png 66件 [詳細] file43.png 70件 [詳細] file42.png 83件 [詳細] file41.png 68件 [詳細] file40.png 60件 [詳細] file39.png 72件 [詳細] file38.png 66件 [詳細] file37.png 67件 [詳細] file36.png 66件 [詳細] file35.png 71件 [詳細] file34.png 61件 [詳細] file31.png 62件 [詳細] file33.png 70件 [詳細] file32.png 90件 [詳細] file30.png 56件 [詳細] file29.png 55件 [詳細] file28.png 55件 [詳細] file27.png 59件 [詳細] file26.png 57件 [詳細] file25.png 57件 [詳細] file24.png 61件 [詳細] file23.png 54件 [詳細] file22.png 63件 [詳細] file21.png 58件 [詳細] file20.png 57件 [詳細] file19.png 58件 [詳細] file14.png 58件 [詳細] file9.png 64件 [詳細] file7.png 47件 [詳細] file6.png 61件 [詳細] file5.png 55件 [詳細] file4.png 59件 [詳細] file3.png 69件 [詳細] file2.png 72件 [詳細] file1.png 73件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-22 (火) 19:26:17 (483d)