.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • STPマーケティングとは、対象顧客を絞り込み、
    効果的に市場を開拓するためのマーケティング手法。
  • STPは、マーケティングの目的である、
    「自社が誰に対してどのような価値を提供するのか」
    を明確にするための3つの要素の頭文字をとっている。
  • S : Segmentation = セグメンテーション(分割化)
  • T : Targeting = ターゲティング(ターゲット選択)
  • P : Positioning = ポジショニング(立ち位置を決める)

S / T / P

セグメンテーション(Segmentation)

市場における顧客のニーズごとにグループ化する、市場をセグメントする。

セグメンテーション軸(変数)

  • 地理的変数(ジオグラフィック変数)
    都市規模、人口密度などの、消費者の居住地域や地域環境
  • 人口動態変数(デモグラフィック変数)
    年齢、職業などの、消費者の個人属性
  • 心理的変数(サイコグラフィック変数)
    社会階層、ライフスタイルなどの、消費者の価値観
  • 行動変数
    使用頻度、ロイヤリティなどの、商品に対する行動や姿勢

ターゲティング(Targeting)

競争優位を得られる可能性が高い、
自社の参入すべき市場セグメントを選定する。

ターゲットの識別

複数のセグメンテーション軸を組み合わせてターゲットを識別する。

ターゲットの分析

  • 経済的価値(市場規模、成長性)
  • ニーズ

ポジショニング(Positioning)

セグメント・ターゲットを決定した後、
他社の競合製品・サービスと比較した
自社の製品・サービスのポジションを決める。

価値提案

顧客に提案する価値(ベネフィット)を検討する。

差別化

自らの機能やコスト面での独自性を確立する。

見極め

ニーズの見極め

ニーズの有無は、

  • セグメンテーション(Segmentation)
  • ターゲティング(Targeting)

を分析することで明らかになる。

価値提供の見極め

価値提供可能かどうかは、

「競合と並んで、ポジショニング(Positioning)できるかどうか?」

を分析することで明らかになる。

ユーザの分類

SIer

  • メーカー系
  • ユーザー系
  • 独立系

業種

  • 産業・流通
  • 金融(銀行、証券・保険)
  • 公共(社会、公官庁)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-03 (土) 19:18:43 (45d)