.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

ガイダンス

  • 時間・形式・出題/解答数
    #午前Ⅰ午前Ⅱ午後Ⅰ午後Ⅱ
    1試験時間9:30~10:20(50分)10:50~11:30(40分)12:30~14:00(90分)14:30~16:30(120分)
    2出題形式多肢選択式(四肢択一)多肢選択式(四肢択一)記述式論述式
    3出題数/解答数30問/30問25問/25問4問/2問3問/1問

勉強方法

  • 情報処理技術者試験の中でも相対的にとても難しい試験だが、
  • 実際にコンサルタントとして活動している受験生は多くない。
    • 未経験者でも、経験を知識で補うことで合格を手に入れることは可能。
    • しっかりと準備することで合格できる確率がグンと高くなる。

難易度

  • 医師、弁護士、公認会計士、技術士と並び、
    労働基準法第 14 条における「専門的知識等を有する労働者」に指定されている。
  • 合格率は例年10 - 15%程度だが、
    レベル4はどれも似たような合格率なので、
    やってみれば、案外、合格できるらしい。
  • 午前Ⅰの通過者が50%くらい(欠席者も含め)
  • 午前Ⅱの通過者が40%くらい
  • 午後Ⅰの通過者が30%くらい
  • 午後ⅡのA判定が15%くらい(論文まで行けば5割は通る)

対策

午前

Ⅰ対策

高度情報処理技術者試験共通 午前Ⅰ対策

  • 30問を50分以内に回答する。
  • 高度区分全てだが、
  • テクノロジ系 : 16問
  • マネジメント系 : 6問
  • ストラテジ系 : 8問

が多い模様(SCに似てる)。

  • 難易度
    • 範囲が広く重量級で大変。免除制度を活用。
    • 過去問対策で短期で済ます方法もある。

Ⅱ対策

ITストラテジスト 午前Ⅱ対策

  • 小問形式で25問
  • 40分以内に解答。
  • 傾向
    • ストラテジ分野 の問題が圧倒的に多い。
      • 平成25年度までは全25問がストラテジ、マーケティング系
      • 平成26年度から全区分で、最近は、1/4が他区分らしい。
  • もうひとつの特徴が “新規の問題が多い”という点。
  • 最近ではマーケティング分野の新傾向の問題も多い。
  • 対策
  • 過去問題対策
    • 過去問を3回転させる。
    • 確実に解けるようにしておく。
    • その内容を理解しておく。
  • マーケティング の知識を習得すること

午後

時間との闘い

Ⅰ対策

  • 時間との闘い(問題文の分析に慣れる)。
  • ITストラテジストの視点を堅持。
  • ITストラテジスト試験ならではの準備が必要
    • 過去問対策を行う。
    • 時間内に解くための解法フローをマスターする。
  • 特徴
    問題文にランダムに書かれている
    要求や問題及び課題を体系的に整理してから、
    設問の解答として使っていくという解き方になる。
    • ページ数が少ない(しかし内容は濃い)
    • 問題文中にヒントが埋め込まれている。
    • 専門知識はあまり必要としない。
    • 基本的には、国語のテストのようなもの。
    • 経営戦略立案プロセスに対する知識 が必要
    • 販売管理、生産管理、財務会計の知識 が必要
  • 傾向
    計4問の出題
  • 情報システム(3/4)
  • 以下が、82%
    ・事業戦略 分野
    ・業務改革 / 改善 分野
    ・システム化構想 分野
  • ビジネス・モデル(近年
  • 組込システム(1/4)
    情報系でも回答可能な事が多い。
  • 製品企画 分野(大半
  • 事業戦略 分野(近年

Ⅱ対策

  • 時間との闘い(原稿用紙6枚以上の量)。
  • 基本的には論文系の他の試験と同じだが、
    • 具体的に、第三者に伝わるように客観性をもって書く。
    • 時間内に解くための解法フローをマスターする。
  • どうすれば、他の人の書いた論文よりも頭一つ抜け出せるか?を考える。
    • 企業概要、事業概要、事業目標等を充実させる。
    • 定量的、因果関係で目標とITを繋げる。
    • 事業目標は 売上増 がベスト(比率より実数等)
    • 投資効果をBSCの考え方を活用して説明する。
  • 傾向
    計3問の出題、午後Ⅰより範囲が広く、
    分野を明確にし難い問題が多い。
  • 情報システム(2/3)
  • 業務改革 / 改善 / 分析 分野が18%
  • システム化構想分野は出題されない。
  • 近年、ビジネス・モデル分野が出題。
  • 組込システム(1/3)
    • 製品企画 分野(大半
    • 製品企画 以外の分野(5/11

対策

ST:試験 - 午後 - ITストラテジストの過去問

ポイント

対策書籍

個別システムではなく、中長期で

  • システム
  • インフラ
  • 情報システム部

を総合的に視た経験や相応の知識

基礎

経営戦略立案プロセス

BSCとKPI

投資効果

参考

対策書籍

YouTube?

  • 三好康之

IT資格の歩き方

Qiita


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-01-13 (水) 14:36:12 (6d)