.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

ユーザのスマホ・携帯電話に通知がくる。

特徴

  • 出先で、
    • アカウントが解らず、プロバイダ・メール
    • 若しくはエンプラ利用でのイントラネット・メール

...を使用できないケースなどで重宝。

トレンド

  • 以下の様に、
    セキュリティ的に問題である的なことも言われているが、
    未だに、様々なサービスで継続利用されている。
    (Bodyの文言を長くして、待受画面から見えなくするような対策が一般的である模様)。
  • 一方で以下のような話も。
    SMS経由で、スマホ限定でブラウザに自動入力する仕様の標準化らしい。

サービス

とりあえず「SMS C#」でググッて出てきたココを見ていたら、

ViaNett?というサービスが出てきて、あぁサービスなんだって。
(そもそもAPIからSMSを送る時のバックエンドを全く考えたことが無かったので)

ちなみに、入力欄は、

  • ユーザ・アカウント(UID・PWD)と
  • TEL番号とメッセージ(200文字)

だけのようで、これだけでSMSを送信できる模様。

主要サービス

ココに主要なサービスが紹介されている。
大体、1通 10円程度の価格設定がされている。

なお、送信可能な文字数はキャリアによって異なる模様。

テスト時に無料で使えるSMSサービス

テスト利用で、1通 10円の課金が必要になるのは、面倒なので、
無料で使用できるSMSサービスがないか?を調査したら以下を発見できた。

(上記のHPでも一番オススメと書かれているサービス)

簡単に言って、

  • サービスでSMS発信用の電話番号を作成し、
  • その電話番号から検証した自分の電話番号にSMSを送る範囲であれば、

トライアル・アカウントで無料でSMS発信のテストが可能
(ソレ以外の任意の番号にSMS発信する場合は、アカウントのアップグレードが必要になる)。

Twilio

サインアップ

以下からサインアップする。

サインアップ先は、www.twilio.comではなく、jp.twilio.comであることに注意。

SMSの基本操作

以下から、SMSの基本操作を行う(テストする)ことができる。

アカウント

WebAPIを使用する際のSIDとTokenは以下から取得する。

サンプル・コード

C#のサンプル・コードは以下から取得できる。

ライブラリは当然、Nugetから取得する。

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-12 (水) 10:13:41 (11d)