.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

ガイダンス

  • 時間・形式・出題/解答数
    #午前Ⅰ午前Ⅱ午後Ⅰ午後Ⅱ
    1試験時間9:30~10:20(50分)10:50~11:30(40分)12:30~14:00(90分)14:30~16:30(120分)
    2出題形式多肢選択式(四肢択一)多肢選択式(四肢択一)記述式記述式
    3出題数/解答数30問/30問25問/25問3問/2問2問/1問

勉強方法

対策

午前

午前Ⅰ

高度情報処理技術者試験共通(午前Ⅰ)

  • 30問を50分以内に回答する。
  • 高度区分全てだが、
  • テクノロジ系 : 17問
  • マネジメント系 : 5問
  • ストラテジ系 : 8問

が多い模様。

午前Ⅱ

情報処理安全確保支援士(午前Ⅱ)

  • 小問形式で25問
  • 40分以内に解答。
  • 7分野から出題
    • データベース
    • ネットワーク(技術レベル4)
    • セキュリティ(技術レベル4)
    • システム開発技術
    • ソフトウェア開発管理技術
    • サービスマネジメント
    • システム監査

午後

共通

情報処理安全確保支援士(午後Ⅰ、Ⅱ)

Ⅰ対策

  • 概要
    • 大問形式で3問
    • 2問を選択し
    • 90分以内に解答
  • 論点
  • セキュアプログラミング(1問)
    • C++
    • Java
    • ECMAScript
  • 技術面(1問)
  • 運用・管理面(1問)
  • 時間配分
    • 問題選択に15分
    • 問Aを30分
    • 問Bを30分
    • 見直しに15分
  • 練習
    • 過去問を1問30分くらいで解く練習を何回か
    • 下記の
      • 「問題文の独特なSC文化」への理解を深め、
      • 「回答のテクニック」を意識しながら本番に備える。
    • 直前では、本番と同じ解答用紙、鉛筆と消しゴムを使う。
  • 問題文の独特なSC文化
    • 気が遠くなる程に長い。
    • 簡略化のための略語(SC用語)が独特
    • ストーリー仕立て。
    • 答え方の暗黙のルール。
  • 回答のテクニック
  • 時間配分
    • 最初システム説明を読み、
    • 次に、設問を呼んでから
    • 問題文の続きを見る。
  • SC用語

    ポケットスタディ 情報処理安全確保支援士 (情報処理技術者試験)
    回答のコツという意味でノウハウが凝縮、リファレンスとして使用可。

  • ストーリーの攻略
    1. 現行システムの説明
      • システム構成図の略語に慣れておく。
      • 右端や欄外の但書に注意する。
      • 頭に入り難い場合は問題用紙に書き直す。
    2. インシデントの発生
      • 重要な動作などが含まれる。
      • 引っかかる言動にはマークしておく。
    3. 情シス部門による一次対応
      • 問題上、効果が薄い対応となっている。
      • 一次対応の内容と対象をメモしておく。
    4. セキュリティ専門会社が登場
      • 凄腕のセキュリティスペシャリスト
    5. インシデント分析・原因究明・対策
      • システム構成、インシデントのポイントに注意しつつ、
      • 予備知識や流行りの攻撃手法の知識が役立つ。
    6. 更なるセキュリティ強化のための追加措置
      以下の脆弱性の理解がポイントになる。
      • 現行システムの問題
      • 一時対策の問題
  • 回答の日本語構成
    • 「~はなぜか?」と聞かれたら
    • 「~だから」と答えるとか

Ⅱ対策

  • 概要
    • 大問形式で2問
    • 1問を選択し
    • 120分以内に解答
  • 国語力も必要
    • 10ページ以上の長文から出題者の意図を理解し、
    • 出題者の求める解答を定められた文字数で表現
  • 対策
    対策不要
    • 午後Iに集約されている。
    • 時間的な余裕もある。
    • 気が遠くなるほどに長い問題文がネック
      • 設問に問われている内容を見つけ出すのに苦労
      • 2、3回ほど過去問で、その壮絶さを体験しておくと良い。

JIS Q

27000

27002

対策書籍

基礎

脅威

脆弱性

対策技術

システム開発

マネジメント

法制度

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-04 (月) 18:15:04 (9d)