.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • 計画プロセス群の試験対策

詳細

計画の流れ

  1. 範囲時間原価の補助計画書作成が順次実行される。
  2. 範囲の計画のPMB作成が実行される。
  3. その他の計画の補助計画書・プロジェクト文書作成が並列実行される。
  4. 時間原価の計画のPMB作成が並列実行される。
  5. 時間原価のアウトプットの統合が行われる。

統合

  1. 原価 + 時間のアウトプットの統合を行い、
  2. 変更の計画書を作成し、
  3. ステークホルダーの承認を受ける。

範囲

  • 計画

↓ ↓ ↓(計画書)

  • 要求事項収集

↓ ↓ ↓(要求事項...)

  • スコープ定義

↓ ↓ ↓(プロジェクト・スコープ記述書)

  • WBS作成

↓ ↓ ↓(スコープ・ベースライン)

時間

  • 計画

↓ ↓ ↓(計画書)

  • アクティビティ定義

↓ ↓ ↓(アクティビティ・リストなど)

  • アクティビティ順序設定(プレシデンス・ダイアグラム法(PDM)など)

↓ ↓ ↓(プロジェクト・スケジュール・ネットワーク図)

  • アクティビティ所要期間見積(各種、所要期間見積)

↓ ↓ ↓(アクティビティ所要期間見積)

  • スケジュール作成(スケジュール・ネットワーク分析)

↓ ↓ ↓(スケジュール・ベースラインなど)

原価

  • 計画

↓ ↓ ↓(計画書)

  • コスト見積(各種見積もり技法)

↓ ↓ ↓(コスト見積、見積根拠)

  • 予算設定(コスト集約、予備設定分析、過去の関連性)

↓ ↓ ↓(コスト・ベースラインなど)

品質、資源、調達

  • 品質
    • 品質マネジメント計画(費用便益分析、品質管理活動)
  • 資源
    • 資源マネジメント計画(専門家の判断、ネットワーキング、組織論、会議)
    • アクティビティ資源見積(各種見積もり技法、代替案分析)
  • 調達
    • 調達マネジメント計画(市場調査、内外製分析、発注先選定分析)

リスク

↓ ↓ ↓(リスク態度:リスク選好、リスク許容度、リスク閾値)

  • 計画(ステークホルダー分析)

↓ ↓ ↓(計画書、RBS)

  • リスク特定(フローチャート、特性要因図、インフルエンス・ダイアグラム)

↓ ↓ ↓(リスク登録簿と報告書)

  • 定性的リスク分析(リスク発生確率・影響度査定、発生確率・影響度マトリックス)

↓ ↓ ↓(リスク登録簿と報告書)

  • 定量的リスク分析(シミュレーション、クリティカル分析、感度分析(トルネード図)、ディシジョン・ツリー分析)

↓ ↓ ↓(リスク報告書)

  • リスク対応計画(各種戦略:対脅威、対好機、コンティンジェンシー)

↓ ↓ ↓(リスク登録簿と報告書、各種計画書・文書の更新)

基礎知識

アクティビティ

  • アクティビティと言う用語が出てくるのは、時間と資源。
  • 見積と関連しているが、原価側には出てこない。

所要時間見積コスト見積

  • (一点見積)
    想定工数+多少のリスクを足しただけの値
  • (二点見積)
    と言うものも一応あるらしいが割愛。
  • パラメトリック見積
  • トップダウン見積(類推見積)
    では、以下を併用する
    • 三点見積
    • ボトムアップ見積

コミュニケーション系

  • コミュニケーション・モデルのステップ
    受信確認とフィードバッグ・応答の差異を問う問題が多いかも。
    • コード化
    • メッセージの送信
    • メッセージの受信確認(双方向時)
    • メッセージの解釈
    • フィードバッグ・応答(双方向時)
  • コミュニケーション方法
    • 双方向コミュニケーション
    • 一方向コミュニケーション
      • プッシュ型コミュニケーション
      • プル型コミュニケーション
  • ネットワーク・コミュニケーション・モデル
    • 参加者に自分を加えることを忘れがちなので要注意。
    • 以下の式を使用するが、変数が3のパスは3で、忘れていても捻り出せる。
      = (参加者の数 * (参加者の数 - 1)) / 2 
  • コミュニケーション技術
    情報を配布する理由は考慮しない(計画で考慮)。

品質系

  • 品質コスト
    品質マネジメント計画だけではなくコスト見積のツールと技法でもある。
  • 予防コスト(適合コスト)
    • 品質マネジメント・プロセス
    • トレーニング、機器、文書化
    • アクティビティ
  • 評価コスト(適合コスト)
    • 検査
    • テスト
  • 不良コスト(不適合コスト)
    • 内部不良コスト
    • 外部不良コスト
  • クロスビー(フィリップ・B・クロスビー
    無欠陥の実務慣行を考案
  • ジュラン(ジョセフ・M・ジュラン
    品質と等級、使用適合性
  • デミング(W・エドワーズ・デミング
    品質をマネジメントの問題と捉えた
  • シューハート(ウォルター・A・シューハート
    統計的品質管理(TQM)の父、ファイゲンバウム、デミング
  • 全社的品質管理 : Total Quality Control(TQC)
    全員で品質管理
  • 総合的品質管理 : Total Quality Management(TQM)
    トップダウンで品質管理
  • シックスシグマ(米モトローラが開発した品質管理手法)
    正規分布に従う製品不良の発生状態において、
    「100万回の作業を実施しても不良品の発生率を3.4回(6σ)に抑える」
    測定ベースのプロセス改善と変動低減に注目した手法。
  • カイゼン
    QCサークルで継続的改善。第一が人々で第二が成果物の品質。
  • 能力成熟度モデル統合(CMMI)
    組織のパフォーマンスを向上させる枠組みで、5つの発達段階がある。
  • QC七つ道具
  • ベンチマーキング
  • 実験計画法 : Design Of Experiments(DOE)
    効率のよい実験方法を設計(結果に大きな影響を与える要因を明らかに)し、
    一度にすべて要因(の組合せ)を変化させて最適化する。統計学の応用分野。
  • 統計的サンプリング

資源系

  • RAM, RACI
    • RAM :Responsibility assignment matrix(責任分担表)
    • RACI :Responsible、Accountable、Consulted、Informed

調達系

  • 調達計画はスケジュール計画への影響が大きい。
  • 調達SOWは、購入者/納入者どちらが記述してもOK。
  • 契約タイプ
    一括か準委任かみたいな。あとは、インセンティブの扱い。
    • FP : Fixed Price Contract
      • FFP : Fixed Firm Price
      • FPIF : Fixed Price Incentive Fee
      • FP-EPA : Fixed Price with Economic Price Adjustment
  • CR: Cost Reimbursable Contract
    • CPF : Cost Plus Fee contract
    • CPFF : Cost Plus Fixed Fee(デリバリ面)
    • CPIF : Cost Plus Incentive Fee(品質面)
    • CPAF : Cost Plus Award Fee(Award は定義が微妙
    • CPPC : Cost Plus Percentage of Cost(Percentageはインセンティブとして機能しない
  • T&M : Time and material
  • 契約タイプと購入者のリスク
    • 高い <----------------------------------------------------------> 低い
    • T&M <-> CPPC <-> CPFF <-> CPIF <-> CPAF <-> FPIF <-> FP-EPA <-> FFP

リスク系

  • リスク選好、リスク許容度、リスク閾値
    • 選好:ステークホルダー・マター
    • 許容度:費用対効果から
    • 閾値:影響度から
  • 各種戦略:対脅威、対好機、コンティンジェンシー
  • 対脅威、対好機
    共通 : 受容、エスカレーション
    対立 : 「回避⇔活用」、「転嫁⇔共有」、「軽減⇔強化」
    「転嫁⇔共有」は第三者を活用するケースを言う。
  • コンティンジェンシー

選択肢の絞り込み

計画書

  • 補助計画書
  • 「統合」知識エリアの計画書
    • 変更の計画書
  • 「各種」知識エリアの計画書
    • ・・・

PMB

パフォーマンス測定ベースライン(PMB)

  • WBSコード
    コスト追跡に利用される。
    '-> コントロール・アカウント(CA)
    '-> 会計システムにリンクされる一意の識別子(勘定科目)
    '-> EVM測定で必要になる。
  • ワーク・パッケージ・レベル
  • ローリング・ウェーブ計画法
  • WBS辞書
    スコープ・ベースラインの子要素で作業構成要素の内容が文書化される。
  • コスト・ベースライン
    • S字カーブ(支出のペースは、開始・終了部分が緩く、中間部分が急)
    • EVMのグラフのPVとして使われる。

TT

  • プロダクト分析
    • 価値分析(VA:Value Analysis)、価値工学(VE:Value Engineering)
    • システム分析(SA:System Analysis)、システム工学(SE:System Engineering)
    • プロダクト・ブレークダウン、要求事項分析(RA:Requirement Analysis)
  • 過去の関連性
    過去のデータを使用する類推見積 & パラメトリック見積を指す。

似たような言葉

前提条件と制約条件

要求事項は前提条件と制約条件を含む。

プロダクト・スコープ、プロジェクト・スコープ

  • 影響:プロダクト・スコープ -> プロジェクト・スコープ

クラッシング、ファスト・トラッキング

違いを理解する。

PDM/ADM、GEAT(スケジュール・ネットワーク図作成)

プロジェクト・スケジュール・ネットワーク図作成

  • PDM
    • PDM:プレシデンス・ダイアグラム法
    • AON:アクティビティ・オン・ノード
    • 多くは、終了‐開始(FS)の依存関係を使用する。
  • ADM
    • ADM:アロー・ダイアグラム法
    • AOA(AOL)
      • AOA:アクティビティ・オン・アロー
      • AOL:アクティビティ・オン・ライン
    • 終了‐開始(FS)の依存関係だけを使用
  • GEAT
    条件による分岐・合流、ループを表すことができる。

CPM、PERT(スケジュール・ネットワーク分析)

スケジュール・ネットワーク分析によるスケジュール作成

  • CPM
    一点見積もりによるスケジュール作成
    • スケジュール・ネットワーク分析の1技法
    • 逐次ネットワーク(終了‐開始(FS))
      ≒ ADM、ただし、PDMも可能らしい。
  • クリティカル・パス(CP)
  • フロート(= スラック)
    • トータル・フロート(TF)
    • フリー・フロート(FF)
  • 往路時間計算
    • 最早開始日
    • 最早終了日
  • 復路時間計算
    • 最遅開始日
    • 最遅終了日

予算とコスト

  • 予算≒コスト・ベースライン(見積をベースに決定されるので)
  • 故に予算はコスト・ベースラインに最も大きな影響を与える。

RFX(調達文書/入札文書)

  1. 計画
    1. RFI:Requset For Informattion
    2. RFP:Request For Proposal
  2. 実行
    1. RFQ:Request For Quotation
    2. IFB:Invitation for Bid

定性的・定量的リスク分析

XXX要件、XXX要求

  • 測定 / 追跡 / テストが可能であるものであること。
  • 要求には、以下のカテゴリーがある。
  • ビジネス
  • ステークホルダー
  • ソリューション
  • 機能
  • 非機能
  • 移行
  • プロジェクト
  • 品質
  • 非機能要件要求
  • 日本情報システムユーザー協会(JUAS)
    非機能要件要求仕様定義ガイドライン
    • 機能性
    • 信頼性
    • 使用性
    • 効率性
    • 保守性
    • 移植性
    • 障害抑制性
    • 効果性
    • 運用性
    • 技術要件
  • システム基盤の発注者要求を見える化する非機能要求グレード検討会
    非機能要求グレード
    • 可用性
    • 性能・拡張性
    • 運用・保守性
    • 移行性
    • セキュリティ
    • 環境・エコロジー

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-22 (火) 16:32:08 (4h)