.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

終結プロセス群の試験対策

  • 終結は、プロジェクトだけでなくフェーズで生成される成果物の検収後にも当てはまる。
    • これは、フェーズ単位でイテレーションするようなケースで想定されている。
    • フェーズの終了時レビューは以下の様に呼ばれる。
      • フェーズ・ゲート
      • フェーズ・レビュー
      • ステージ・ゲート
      • フェーズ開始、中止点

詳細

終結の流れ

I

  • 文書系
  • 立ち上げ前の文書
    • ビジネス文書
    • 合意書
  • PMの作成する文書
    • プロジェクト憲章
    • プロジェクト・マネジメント計画書
    • プロジェクト文書
  • 調達の作成する文書
    • 調達文書入札文書
  • 成果物
    • 受け入れ済み成果物
      ※ (発注者が開発した成果物を受け入れたことを示す)「受け入れ文書」付き。

※ 受け入れは

TT

  • ステークホルダー
    • 成果物の受入と終了条件の確認
    • 要求事項の完了のレビュー
    • 契約完了の正式化
  • プロジェクト
    • アーンド・バリュー分析(EVA)
    • ステークホルダーの満足度調査・評価
    • 教訓の特定・収取、知識・情報の移転
  • 成功を祝う

O

  • 文書
    • 最終報告
    • プロジェクト文書更新版
      • 教訓登録簿
    • 組織のプロセス資産更新版
      • プロジェクト文書
      • 業務文書、補足文書
      • プロジェクト・フェーズの終結文書
      • 教訓リポジトリ
  • 成果物
    • 最終プロダクト・サービス・所産の移管

やること

TT

目標達成確認

スコープ + QCD

資源系

チーム・マネジメント

  • メンバの離任後の渡りを付けるのが、終結で最も重要なPMの仕事らしい。
  • そのため、終結以前に予告を行っておく必要がある。

契約系

  • ステークホルダーとの間だけ処理
    • 契約書に準拠した契約の完了
    • 契約書に準拠しない内容のクレーム処理は不要。
  • 以下は対象外。
    • ¥の扱いは営業・調達
    • 発注先との契約は調達

公式記録

  • 索引付きプロジェクト文書
  • 教訓リポジトリへの移管
    教訓の特定・収取、知識・情報の移転

組織のプロセス資産(OPA)

終結前にやること

人的資源のリリース予告

コンティンジェンシー

コンティンジェンシー費は、終結に向けたリスクの縮小に合わせ縮小させていく。

終結(終了)の種類

消滅、付加

正常(成果物が納入されて終わる。)

欠乏、統合

異常(リソースが無くなって終わる。)

中断(は、終了ではない)

  • PMはプロジェクトが回復不可能と判明した場合、中断を提案する。
  • 終了ではないので再起できるようにする必要がある。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-08 (金) 22:07:33 (11d)