.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • 試験のテクニック類を纏める。
  • 知らないと選択肢を絞るのに苦労するというか絞れなくなる。

詳細

ITTO

概要

  • ITTO
    • I : input
    • TT : tool & technic
    • O : output
  • 流れを理解する。
    • 計画
    • 実行
    • 監視・制御
    • 終結

TT

  • ツールと技法
  • IをOに変換する。

IO

  • プロセスの要素と呼ばれることがある。
  • 当該プロセスのインプットである場合、前プロセスのアウトプットとなる。
  • 当該プロセスのアウトプットである場合、後プロセスのインプットとなる。

引っ掛け

  • 聞いたことが無い要素が混じっているケース。
    (知識不足で聞いたことが無いケースも多いので、模試でカバー)
  • コンテキストに沿っていないケース(成否を決定する要素を持っていない)
  • TTと見せかけて、プロセス群の中の1マネジメント・プロセス。
  • 前後のプロセスのITTOを含める。よく引っかかる。
    • 当該プロセスのIに、前後のプロセスのIを含める(加工前のIと加工後のI)。
    • 当該プロセスのOに、前後のプロセスのOを含める(直接的Oと間接的O)。
    • 他のプロセス群や知識エリアのTTの要素へ言及しているケース
      (アリがちなのが、当該 知識エリアの前プロセスのTTへ言及しているケース)
  • Oの"子要素"を選択肢に含める(前述より更に解り難くなる)。
    • 当該プロセスのOの"子要素"に、前後のプロセスのOを含める。
    • 当該プロセスのOに、前プロセスのOの"子要素"を含める。

用語の定義

  • 基本的に用語の定義を覚えていれば回答可能。
  • 覚えれば覚える程(、選択肢の除外にも役立ち)、正答率が増す。

モンテカルロ分析

モンテカルロ・シミュレーションはスケジュール、コストの"リスク"などで使用される。

  • シミュレーションや数値計算を乱数を用いてコストのリスクを決定する手法
  • 「入力値をランダムに選び、シミュレーション結果を得る」ということを繰り返す。
  • 結果として、想定されるスケジュール、コストの確率分布を表現し、見積りに幅をもたせる。

情報収集と意思決定

計算を要するもの

公式暗記系。

利益測定法(意思決定モデル)

  • 分類
    • 費用便益分析 : BCR
    • キャッシュ・フロー分析
      • 回収期間分析
      • 正味現在価値(NPV : Net Present Value)
      • 内部収益率(IRR : Internal Rate of Return)
  • 数値
    • 回収期間は短い方がよく、
  • BCR、NPV、IRRともに数字としては大きい方がイイ。
    • BCR : 大きい方がイイ(1より大きければ投資
    • NPV : 大きい方がイイ(正の値であれば投資
    • IRR : 大きい方がイイ

アーンド・バリュー(EV)

PV, EV, AC, BACが与えられる。

  • スケジュール
    • SV = EV - PV
    • SPI = EV / PV
  • コスト
    • CV = EV - AC
    • CPI = EV / AC
  • 残コスト
  • ETC = (BAC - EV) / CPI
    残作業のコスト見積り
  • VAC = BAC - EAC
    完了時コスト差異
  • 総コスト
  • BAC
    完成時総予算
  • EAC = ETC + AC
    完成時総コスト見積り
  • TCPI
    • = (BAC - EV) / (BAC - AC)
    • = (BAC - EV) / (EAC - AC)
  • 説明
    • EAC : 現在の差異が継続するとみられる場合の将来予測
    • TCPI : 現在の予算内で収めるCPI(コスパ)の算出
  • パターン
    • コスト超過傾向の場合(CPIが1.0を下回る)、
      EACが再設定された時のTCPIの算出(1.0を上回る)。

三点見積

ベータ分布の分母が6なのは、± 3σ=6σ なので 6 と覚えたらイイ。

  • 平均値
    • 最頻値(tM) : 最も可能性が高い
    • 楽観値(tO) : 最良のケース
    • 悲観値(tP) : 最悪のケース
  • 期待値
    • 三角分布の期待値 : tE = (tO + tM + tP) / 3
    • ベータ分布の期待値(加重平均) : tE = (tO + 4tM + tP) / 6
  • PERT
  • ベータ分布の標準偏差 = (tP - tO) / 6
  • 標準偏差毎の確率
    ベータ分布で、標準偏差毎の確率が決まっている。
    • 期待値 ± 1 * 標準偏差(σ) : 68.26%
    • 期待値 ± 2 * 標準偏差(σ) : 95.44%
    • 期待値 ± 3 * 標準偏差(σ) : 99.73%
  • 注意
    • 確率を、逆に覚えていたので注意、±1σは99%ではなく68%
    • ±nσ=2nσなので、1σと2σを間違える可能性がある。

クリティカル・パス法

  • ラグを予想する変則的な問題
    • ラグを含むパスのうち長い方がクリティカル・パス
    • このパスを用いて、ラグを予想する。
  • 開始日か終了日か
    • 終了日:当該アクティビティの終了日
    • 開始日:前のアクティビティの終了日(+ラグ)

コミュニケーション・チャネル式

  • 参加者の数 = 3 経路 = 3 で計算すると公式を思い出し易い。

    (n * (n - 1)) / 2

    (3 * (3 - 1)) / 2 = 3 * 2 / 2 = 3

  • 引っ掛け
    • 自分を足し忘れるという「むらの英雄」的な引っ掛けがある。
    • 何気に、パスの数ではなく、値の増減を問うているケースがある。

CPXXのフィー計算

  • CPIF(Incentive fee)のフィー計算
    納入者側の共有率がx%の時(ショート or オーバーで ± 符号が変わるので注意
  • コストがショートした場合。
    納入者に支払われるフィー = 目標フィー +(未消化コスト * x)
  • コストがオーバーした場合。
    納入者に支払われるフィー = 目標フィー -(超過コスト * x)
  • 購入者が、上限価格(納入者側の共有率 = 100%)を設定することによって現れる。
  • 実コスト = 目標コスト ~ 上限価格の間にある、コスト・ポイントと説明できる。
  • 上限価格に達しても、目標フィーの分、納入者損失発生までタイムラグがある。
  • 配分転換点(PTA)は、以下の様に計算できる。
    上限価格 = PTA - (PTA - 目標コスト)x + 目標フィー
    = PTA - PTAx + 目標コストx + 目標フィー
    = (1 - x)PTA + 目標コストx + 目標フィー
    PTA = (上限価格 - (目標コストx + 目標フィー)) / (1 - x)
  • CPFF(Fixed fee)のフィー計算
    共有率のようなものは無いので、フィーは契約時の総コスト * x%になる。
    価格 = 実総コスト +(契約時の総コスト * x)
  • CPPC, T&M
    そもそもフィーに該当するものが無い。
    価格 = 実総コスト +(実総コスト * x)

人件費の計算

其々の要素を分けて書いて計算する。

  • 基本給付額
  • 付加給付額
  • ボーナス
  • オーバーヘッド・コスト

選択肢の絞り込み

問題からキーワードを拾う

キーワードを認識しないと間違える。例えば、

  • サーヴァント・リーダが答えの問題に、
    「自律的」と「支援」のキーワードがあった。
  • サーヴァント・リーダ
  • 自由放任型

の選択肢から二者択一するのに「支援」が重要になる。

  • プロセスを問う問題に、
    「計画」と「監視」のキーワードがあった。
  • 計画
  • 監視

の選択肢から二者択一するのに「監視」が重要になる。
「監視」で、再「計画」が行われることがある。

  • 過去の情報が最も役立つ作業
    • × : 教訓のまとめ
    • ○ : リスク特定

何を問っているか?考える。

  • その他
    • 一般的過ぎる選択肢ではなく、専門用語(ITTO)を含む選択肢を選択する。
    • 正否・可否などの、どちらを問うているか確認する。

統合(知識エリア)

プロセス群の概要を聞かれた場合は、
特定の知識エリアに絞らないで、
統合知識エリアの内容を回答する。

立上・終結(プロセス群)

プロジェクトを中断する場合、セーブ・ロード的な意味で、

実施内容

  • プロセス、プロセス群には色々な実施内容があるが、
    出題されて回答するのは、プロセスの主要な目的に対応する実施内容に絞る。
  • 例えば、チーム育成は、
    協調、士気、活気、結束の向上の効果もあるが、

    チームメンバの期待と行動を明確化して生産性を向上させる。

と、広義の「実施内容+効果」以外を選択肢から除く。

前提条件の追加

  • 何か最優先の前提条件が追加された場合も、
    従来の前提条件が無くなる訳ではない。
  • 従って、双方の前提条件を優先順位順に考慮する。

タイミング関連

倫理・職務規定とも関連が深そう。

  • 指揮
  • 指示
    命令より先に
    • メンバ自身の判断
    • メンバ同士での解決
  • 報告
    報告には、精度が必要。
    • 精度が低い状態で報告すべきではない。
    • 緊急度が低い情報が組織を跨ぐ場合、
      先ず、組織内で対応を相談する。
  • 問題と対策
  • 対策と調査
  • 対策が先で、原因・影響の調査は、その後。
    (例1:スコープ変更 < コスト・スケジュール変更 < トレーニング, etc.)
    (例2:コスト・スケジュール影響調査、計画書の修正 < リスク対応策の実行、コンティンジェンシー活用など)
  • 対策できないものは、原因・影響の調査。報告は、その後。
  • 原因・影響の調査は、より、直接的な不明点(または大きな影響)の調査が先。
    (例:見積精度の、不明点=見積根拠、原因追求=相見積もり)。
  • 通報
    報告とは、また異なる。
    • 通報の前に、理由・背景を知る。
    • 通報の前に、諭告、通告、警告を行う。
  • 契約
    • 支払停止 < 債務不履行文書(履行強制、損害賠償請求、契約解除) < 解決策を探る。
    • 訴訟・提訴 < 裁判外紛争解決手続(ADR)< 紛争 < 和解交渉
  • 最初のインプット ≠ 重視するインプット
    • 監視・制御のプロセス群
      • 最初のインプット:作業パフォーマンス・データ
      • 重視するインプット:作業パフォーマンス情報

値の増減

  • 値を増減させて変更した場合、
  • 変えた後の値ではなく、増減を問うているコトがある。

原因の説明

原因を説明するPMBOK用語を選択する。

xV < 0 & yPI > 1

xVとyPIを不等号を変えて問う変則技

  • [x = s, y = c] or [x = c, y = s].
  • 不等号を x と y の式で変える。

似たような言葉

検査 ≠ 査定、監査

  • 検査 ≠ 査定
    • 検査:各種、評価を行って、数値の算出を行う。
    • 査定:検査の結果を分析して取り調べて金額・等級などを決める。
    • 中古車の車両検査(= 検査 + 査定)で言うと、
      • 検査 : 品質評価
      • 査定 : 金額算出

XXX憲章

  • プロジェクト憲章(立上)
    憲章が承認されればプロジェクトは組織内で支持を得る(≒ 横串)。
  • チーム憲章(計画)
    • チームの価値観、合意、ガイドラインなどを示す。
      (グローバル化による多国籍化で重要性が増している。)
    • キックオフとともに、チーム育成に重要になる。

憲章と計画書

  • プロジェクト・マネジメント計画書
    • ≒ プロジェクトと機能の格子点の計画(分担とスケジュール等)
    • ∴ 計画が承認されればプロジェクトは機能部門からも支持を得る。

ビジネス目標、プロジェクト目標

XXXコスト

利益測定

  • 期待収益率(資本コスト)
    • 株主資本コスト
    • 負債コスト
  • 意思決定
    • 機会コスト
    • 埋没コスト(サンク・コスト)
  • 管理会計
    • マネジド・コスト
    • コミッテッド・コスト

XXX SOW

契約作業範囲記述書(SOW: Statement of Work)

  • プロジェクトSOW
  • 調達SOW

XXX Breakdown Structure

WBS : Work Breakdown Structure
ワーク・ブレークダウンストラクチャ / 作業分解図 / 作業分割構成 / 作業の詳細構造

  • PBS : Product Breakdown Structure
    • プロダクト・ブレークダウン・ストラクチャ / 製品分割構成
    • WBSとマトリクス状に交差させて、セルに成果物を配置(作業と成果物)
  • RBS : Resource Breakdown Structure
    • リソース・ブレークダウン・ストラクチャ
    • WBSとマトリクス状に交差させて、コストを配置(作業とリソース)
  • CBS : Cost Breakdown Structure
    • コスト・ブレークダウン・ストラクチャ / 原価要素体系 / 費用区分構成
    • WBSとマトリクス状に交差させて、コストを配置(作業とコスト)
  • OBS : Organization Breakdown Structure
    • 組織ブレークダウン・ストラクチャ / 組織分割構成
    • WBSとマトリクス状に交差させて、セルにワークパッケージ(CA)を配置(作業と組織)
  • RBS : Risk Breakdown Structure
    • リクス・ブレークダウン・ストラクチャ
    • WBSとマトリクス状に交差させて、セルにリスクを配置(作業とリスク)

PVと、EV・AC

  • PV
    計画のスケジュール&コスト
  • EV
    実際の出来高(スケジュール的な意味での進捗)
  • AC
    実際のコスト(EVに対応するコスト)

EVM の SPI・CPI

  • 比率であるため、
    • トレンド(傾向変動)を示す。
    • 従って、傾向分析に使用できる。
  • 特定期間の測定値が継続的に続く。
    と予想される場合、長期で利用できる。

EVM の XXC

  • BAC : 完成時総予算
  • ETC : 残作業のコスト見積り
  • EAC : 完成時総コスト見積り
  • VAC : 完了時コスト差異(+の値が予算内)

SEAM, RAM, RACI

  • SEAM : ステークホルダー関与度評価マトリックス
  • RAM, RACI
    • RAM : 責任分担マトリクス
    • RACI : RACIマトリクス
      • RACI-VS(VARISC)
      • CAIRO(RACIO)
      • RASCI
      • (別の)RACI

XXXログ、XXX登録簿

  • ログ系
    • 前提条件ログ
  • 課題ログ
    • 課題マネジメント(課題のトラッキング)
    • 実行、監視・制御プロセス群のアウトプット
  • 変更ログ
    • 主に、変更管理での変更を記録する。
    • 変更管理以外の更新版発生時の変更も記録する。
  • 登録簿系
    • ステークホルダー登録簿
    • リスク登録簿
    • 教訓登録簿

XXXシステム

  • コンフィギュレーション・マネジメント・システムは情報システムではなく仕組み。

品質系

PMP:品質マネジメント

品質コスト

  • 品質マネジメント計画のツールと技法。
  • 品質マネジメント計画だけではなくコスト見積のツールと技法でもある。
    • コストが解らないと計画が立たない
    • 意思決定には、費用便益分析を使用する。

品質管理活動

  • 起源
    おっさんの名前を覚える。
    • (c) クロスビー(フィリップ・B・クロスビー
    • (j) ジュラン(ジョセフ・M・ジュラン
    • (d) デミング(W・エドワーズ・デミング
    • (s) シューハート(ウォルター・A・シューハート
  • 全社的品質管理 : Total Quality Control(TQC)
  • 総合的品質管理 : Total Quality Management(TQM)
  • 統計的品質管理 : Statistical Quality Control(SQC)
  • シックスシグマ(米モトローラが開発、 6σ(通常は、3σ))
  • カイゼン(継続的改善、QCサークル、第一が人々の質、第二が成果物)
  • 能力成熟度モデル統合(CMMI、5つの発達段階)
  • 品質工学(TM:タグチメソッド)

TT系

  • 七つ道具
    • QC七つ道具
    • 新QC七つ道具
  • サンプリング
    • 計数サンプリング
    • 計量サンプリング
    • 統計的サンプリング
  • ベンチマーキング
  • 実験計画法(DOE)
  • デザイン・フォー・エックス

用語

  • 品質尺度
  • 品質と等級
  • 使用適合性
  • 品質(信頼性/安全性/使い勝手/機能展開/サービス)

プロジェクトの

プロジェクトの開始の判断材料となる文書は?

プロジェクトの中止の判断材料となる文書は?

プロジェクトの終結後もステーク・ホルダーに参照される文書は?

プロジェクト・マネジメント・ビジネス文書 > プロジェクト・ベネフィット・マネジメント計画書

プロジェクトの成功と失敗の判断材料は?

プロジェクト目標の達成の度合い。

その他

法則系

  • 工数
    • パーキンソンの法則
    • ホフスタッターの法則
    • ブルックスの法則
  • 原因・結果
    • パレートの法則
    • スタージョンの法則
    • マーフィーの法則
  • 組織
    • ピーターの法則
    • コンウェイの法則
  • ソフトウェア
    • リーナスの法則
    • ヴィルトの法則
    • ザウィンスキーの法則
    • ポステルの法則
  • ハードウェア
    • ムーアの法則
    • ロックの法則
  • ネットワーク
    • リードの法則
    • メトカーフの法則

監査

監査は、複数のプロセス群にある。

※ 何故か、パフォーマンス測定ベースライン(PMB)に関係が無い部分のみ。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-12 (火) 10:22:52 (73d)