.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

計画プロセス全体の主要な役割

  • 初めにテーラリングを行い、
    プロジェクト・マネジメント・プロセス
    を選択・定義する。
  • 各知識エリアを考慮し、段階的に詳細化を行い、
  • 最もマネジメント・プロセスが多いプロセス群
  • 比例して、時間と労力も多くなる。
  • 計画だけで、実行監視・制御のプロセス群と同じぐらいの時間をかける。

プロセス、インプット・アウトプット

#プロセスインプットツールと技法アウトプット知識エリア
1統合プロジェクト・マネジメント計画書作成プロジェクト憲章
----------
他のプロセスのアウトプット
----------
組織体の環境要因
組織のプロセス資産
専門家の判断
・人間関係とチームに関するスキル
  ・ファシリテーション技法
  (p) コンフリクト・マネジメント
  (p)会議のマネジメント
・データ収集
  (p) ブレーン・ストーミング
  (p) チェック・リスト
  (p) フォーカス・グループ
  (p) インタビュー
プロジェクト・マネジメント計画書プロジェクト統合マネジメント
2範囲スコープ・マネジメント計画プロジェクト・スコープ・マネジメント
3要求事項収集
4スコープ定義
5WBS作成
6時間スケジュール・マネジメント計画プロジェクト・タイム・マネジメント
7アクティビティ定義
8アクティビティ順序設定
9アクティビティ資源見積(6)
10アクティビティ所要期間見積
11スケジュール作成
12原価コスト・マネジメント計画プロジェクト・コスト・マネジメント
13コスト見積
14予算設定
15品質品質マネジメント計画プロジェクト品質マネジメント
16人的資源人的資源マネジメント計画プロジェクト人的資源マネジメント
9アクティビティ資源見積(6)
17コミュニケーションコミュニケーション・マネジメント計画プロジェクト・マネジメント計画書
  (p) 資源マネジメント計画書
  (p) コミュニケーション・マネジメント計画書
  (p) ステークホルダー・エンゲージメント計画書
(p) プロジェクト文書
  (p) 変更ログ
  (p) 課題ログ
  (p) 教訓登録簿
  (p) 品質報告書
  (p) リスク報告書
  ★ステークホルダー登録簿
----------
組織体の環境要因
組織のプロセス資産
コミュニケーション要求事項分析
コミュニケーション・モデル
コミュニケーション技術
コミュニケーション方法
(p) コミュニケーション・スキル  
  (p) コンピテンシー
  (p) フィードバッグ
  (p) 非言語
  (p) プレゼンテーション
(p) プロジェクト・マネジメント情報システム(PMIS)
(p) プロジェクト報告
(p) 人間関係とチームに関するスキル
  (p) 積極的傾聴
  (p) コンフリクト・マネジメント
  (p) 文化的な認識
  (p) 会議のマネジメント
  (p) ネットワーキング
  (p) 政治的な認識
・会議
(p) [[プロジェクト伝達事項>]]
(p) プロジェクト・マネジメント文書更新版
  ★コミュニケーション・マネジメント計画書
  (p) ステークホルダー・エンゲージメント計画書
(p) プロジェクト文書更新版
  (p) 課題ログ
  (p) 教訓登録簿
  (p) プロジェクト・スケジュール
  (p) リスク登録簿
  (p) ステークホルダー登録簿
(p) 組織のプロセス資産更新版
プロジェクト・コミュニケーション・マネジメント
18リスクリスク・マネジメント計画プロジェクト・リスク・マネジメント
19リスク特定
20定性的リスク分析
21定量的リスク分析
22リスク対応計画
23調達調達マネジメント計画プロジェクト調達マネジメント
24ステークホルダーステークホルダー・エンゲージメント計画プロジェクト憲章
プロジェクト・マネジメント計画書
  (p) 資源マネジメント計画書
  (p) リスク・マネジメント計画書
  (p) コミュニケーション・マネジメント計画書
ステークホルダー登録簿
----------
組織体の環境要因
組織のプロセス資産
★専門家の判断
(p) 意思決定
  (p) 優先順位付けやランキング付け
(p) データ収集
  (p) ベンチマーキング
(p) データ分析
  (p) 前提条件と制約条件の分析
  (p) 根本原因分析
  (p) SWOT分析
(p) データ表現
  (p) マインドマップ法
  ★(p) ステークホルダー関与度評価マトリックス
・会議
ステークホルダー・エンゲージメント計画書
プロジェクト文書更新版
プロジェクト・ステークホルダー・マネジメント

プロジェクト・マネジメント計画書作成

プロジェクトをマネジメントするための全体的なアプローチを作成する。

  • 各知識エリアの補助計画書を定義 / 準備 / 調整する方法を定義し、
    各ベースラインをプロジェクト・マネジメント計画書に統合する方法を定義する。
  • プロジェクト・マネジメント・プロセス(実施、監視・制御の方法)を選択・定義して文書化する。

インプット

他のプロセスのアウトプット

  • 最初に実行されるプロセスであるが、下記 補助計画書が含まれるため、
    • 実際は、他の幾つかのプロセスの後に、プロジェクト・マネジメント計画書を作成する。
    • また、補助計画書が更新された場合、プロジェクト・マネジメント計画書も更新する。
  • 変更の計画書
  • 変更マネジメント計画書
    ステークホルダーから何かしらの変更が提案された時、
    どうやってその変更を受け入れ、処理するかといったルールを定めたもの。
  • コンフィグレーション・マネジメント計画書
    コンフィグレーション・コントロール配下に置く成果物を定義する。
    また、変更前と変更後でどう変わったかを記録するルールを定める。
  • その他
    • プロジェクト・ライフサイクルの記述
    • 開発アプローチ
  • プロジェクト文書の一覧

プロジェクト憲章

組織体の環境要因

プロセスを選択・定義に影響を与える要素。

  • 組織外要因
    • 国家標準 / 業界標準
  • 組織内要因
    • 人事管理
    • 組織文化、体制、ガバナンス

組織のプロセス資産

プロセスを選択・定義に影響を与える要素。

  • プロセスと手順
  • 企業知識ベース

プロセス(ツールと技法)

専門家の判断

  • テーラリング技法
  • 計画書へ含めるべき詳細の理解
    • 技術的な詳細
    • マネジメント的な詳細
  • 資源
    • 資源の判断
    • 人的資源のスキル・レベルの評価
  • コンフィギュレーション・マネジメント
  • 構成管理
    • 定義?
    • 量の判定?
  • 形態管理
    • 定義?
    • 量の判定?
  • 変更管理
    • 定義?
    • 量の判定?
  • 優先順位の設定

ファシリテーション技法

アウトプット

プロジェクト・マネジメント計画書

  • プロジェクト特性によって、概要レベルになることも、詳細レベルになることもある。
  • 以下が記載される。
    • プロジェクト進行に伴い、プロジェクトを実行監視・制御する方法
    • 及び、プロジェクト完了時に、プロジェクトを終結する方法
  • 記載事項の詳細
  • プロセス(テーラリング作業の一部)
    • 使用するプロセス
    • プロセスの実現レベル(?)
    • プロセスで使用するツール・技法
    • プロセス(補助計画書)間の相互作用と依存関係
  • ライフサイクルの定義
    • プロジェクト全体のプロジェクト・ライフサイクル(フェーズ)
    • 各フェーズのライフサイクル(必要に応じて)
  • ステークホルダー
    • コミュニケーション・ニーズ
    • ニーズを満たすための技法
  • 実行
    目標を達成するための、プロジェクト作業を実行する方法。
  • 実行監視・制御
    • パフォーマンス測定ベースライン(計画からの逸脱の測定に使用される)。
    • 相互作用と依存関係から、変更の監視・制御の方法を定義
  • マネジメント・レビュー
    • 内容
    • 問題/懸案と決定事項

※ PMIでは、「必要に応じて承認を受ける。」としている。

コミュニケーション・マネジメント計画

  • ステークホルダーとのコミュニケーション・ニーズを明らかにし、
    PMとステークホルダーは「誰が」・「どの情報を」・「いつ得るか」を知る。
  • 情報の種類
  • 情報の作成
    • 担当者
  • 配布の詳細
    • 言語
    • 形式
    • 詳細度
    • タイミング・頻度
  • 効果と効率
  • 効率的なコミュニケーション
    • 適切な情報
    • 適切なタイミング
  • 効果的なコミュニケーション
    • 適切なタイミング
    • 適切な相手
    • 適切な形式

インプット

プロセス(ツールと技法)

コミュニケーション要求事項分析

  • 情報源
    • 組織図
    • ステークホルダーの責任関係
    • 関連する機能部門と事業部門
    • アクティビティと(人的)資源の数と場所
    • ニーズ
      • 内部ニーズ(内部とのコミュニケーションが必要)
      • 外部ニーズ(外部とのコミュニケーションが必要)
    • ステークホルダー情報(ステークホルダー登録簿に記載)
  • ネットワーク・コミュニケーション・モデル
    • 構成
      • ノード:参加者
      • ライン:コミュニケーション・ライン
    • コミュニケーション・ライン数を求める、
      コミュニケーション・チャネル式。
      = (参加者の数 * (参加者の数 - 1)) / 2 

※ 参加者の数 = 3で計算すると解り易い。

コミュニケーション・モデル

コミュニケーション・モデルの構成要素

  • 基本要素(一方向コミュニケーション・モデル)
    • コード化
      • 送信者が理解可能な言語に変換する。
      • このアウトプットがメッセージになる。
  • メッセージの送信
    • 送信者がコミュニケーション技術を使用してメッセージを送信する。
    • 受信者のメッセージの理解を妨げる障壁をノイズ(先入観等)と呼ぶ。
  • メッセージの解釈
    受信者が受信したメッセージを解釈する。
  • 双方向コミュニケーション・モデルの追加ステップ
    • メッセージの受信確認
      受信者がメッセージを受信したことを送信者に知らせる。
  • フィードバッグ・応答
    受信者のメッセージの理解度の確認
  • 送信者と受信者の責任
  • 送信者の責任
    • メッセージの送信
    • 明確で完全な情報の送信
    • 正しく解釈されているか判断
  • 受信者の責任
    • メッセージの受信
    • 受信した情報を正しく解釈
    • 適切な受信確認・応答
  • 異文化コミュニケーションのコミュニケーション・モデル
    異文化コミュニケーションでは、正しく解釈されているか判断するのが困難になる。
    • 因子:働き方、専門領域、国籍、民族性、人種、年齢、性別
    • 送信者:メッセージ内容と送信方法
    • 媒体:異なる言語、プロセス、プロトコル
    • 受信者:心の状態、知識/背景/人格/文化/偏見

コミュニケーション技術

コミュニケーション技術の選択。

  • タイミング
    • 情報交換のタイミング
    • 情報の更新の必要性
  • 情報伝達の手段
    • 口頭
    • 会議
    • 書面
    • 公式の状況報告書
  • システム
    • 電子メール
    • オンライン・データベース
    • オンライン・スケジューラ
  • システム(手段)
    • 既存のものが使えるか?新たに調達が必要か?
    • そのシステムを使用した経験があるか?
    • 全期間機能するか、アップグレードが必要になるか?
  • チームの機能
    • 同じ場所で働いているか?
    • 複数の場所に分散しているか?
  • セキュリティ対策
    営業秘密、機密情報、秘密情報

コミュニケーション方法

  • 双方向コミュニケーション
    • 会議
    • 電話
    • ビデオ会議
    • 電話会議
  • 一方向コミュニケーション
    • プッシュ型コミュニケーション
      • 手紙
      • メモ
      • 報告書
      • 電子メール
      • ボイス・メール
  • プル型コミュニケーション
    • Webサイト
    • e-learningサイト
    • リポジトリ(ナレッジ・ベース)
    • ネットワーク・ドライブ
  • その他のコミュニケーション方法
    • 対人コミュニケーション(1対1)
    • 少グループ・コミュニケーション(3 - 6人)
    • 大衆コミュニケーション(1 対 集団)
    • マス・コミュニケーション(大規模、匿名グループ)
    • SNSによるコミュニケーション(多対多)

アウトプット

コミュニケーション・マネジメント計画書

  • ステークホルダーのコミュニケーション・ニーズ
    • ステークホルダーの持つ情報ニーズの種類
    • 情報を配布するタイミング
    • 情報を配布する手段(技法)
  • コミュニケーションのタイミング、頻度、方法など。
    (プロジェクトの規模や複雑さ、組織の方針によって変更する)
  • 要素
    • コミュニケーション要求事項
    • コミュニケーション目的
    • 配布の期間と頻度
    • 情報伝達責任者
    • フォーマットと技法
    • フローチャート、共通用語集
    • エスカレーション・プロセス
    • 計画書の変更プロセス

プロジェクト・マネジメント文書更新版

必要に応じて更新する。

プロジェクト文書更新版

必要に応じて更新する。

ステークホルダー・エンゲージメント計画

インプット

プロセス(ツールと技法)

専門家の判断

ステークホルダー関与度評価マトリックス

  • 関与度の分類
    #分類関与度の説明
    1不認識プロジェクトも影響も認識していない。
    2抵抗プロジェクトと影響を認識し、生じるTO-BEに抵抗(不支持)する。
    3中立プロジェクトと影響を認識し、生じるTO-BEに中立(支持も不支持もしない)。
    4支持プロジェクトと影響を認識し、生じるTO-BEを支持する。
    5指導プロジェクトと影響を認識し、プロジェクトに積極的にコントリビュート(貢献)する。
  • #ステークホルダー不認識抵抗中立支持指導
    1A氏現状---------->目的
    2B氏現状 -----> 目的
    3C氏現状 > 目的

アウトプット

ステークホルダー・エンゲージメント計画書

  • ステークホルダーの参加を促すために使用する戦略を文書化する。
  • ステークホルダーのニーズ、利害、影響度を文書化する。
  • プロジェクトの意思決定に関するプロセスを文書化する。
  • プロセスの相互作用と依存関係から、変更の監視・制御の方法を記述する。
  • 要素
  • ステークホルダー間の関係
  • 情報配布の理由
    • 予想される反応
    • 関与レベルの変化
    • 上記の両方
  • 計画書の変更プロセス

プロジェクト文書更新版

必要に応じて更新する。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-25 (日) 15:03:42 (18d)