.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

監視・制御 - コミュニケーション、ステークホルダー の主要な役割

インプット・アウトプット(ITTO)

#プロセスインプットツールと技法アウトプット知識エリア
9コミュニケーションの監視・プロジェクト・マネジメント計画書
  ・資源マネジメント計画書
  ・コミュニケーション・マネジメント計画書
  ・ステークホルダー・マネジメント計画書
・プロジェクト文書
  ・プロジェクト伝達事項
  ・課題ログ
  ・教訓登録簿
作業パフォーマンス・データ
----------
組織体の環境要因
組織のプロセス資産
専門家の判断
プロジェクト・マネジメント情報システム
・データ表現
  ・ステークホルダー評価マトリックス
・人間関係とチームに関するスキル
  ・観察と対話
会議
作業パフォーマンス情報
変更要求
プロジェクト・マネジメント計画書更新版
  ・コミュニケーション・マネジメント計画書
  ・ステークホルダー・マネジメント計画書
プロジェクト文書更新版
  ・ステークホルダー登録簿
  ・課題ログ
  ・教訓登録簿
プロジェクト・コミュニケーション・マネジメント
12ステークホルダー・エンゲージメントの監視・プロジェクト・マネジメント計画書
  ・資源マネジメント計画書
  ・コミュニケーション・マネジメント計画書
  ・ステークホルダー・マネジメント計画書
・プロジェクト文書
  ・リスク登録簿
  ・ステークホルダー登録簿
  ・プロジェクト伝達事項
  ・課題ログ
  ・教訓登録簿
作業パフォーマンス・データ
----------
組織体の環境要因
組織のプロセス資産
データ分析
  ・代替案分析
  ・根本原因分析
  ・ステークホルダー分析
意思決定
  ・多基準意思決定分析
  ・投票
・データ表現
  ・ステークホルダー評価マトリックス
コミュニケーション・スキル
  ・フィードバック
  ・プレゼンテーション
人間関係とチームに関するスキル
  ・積極的傾聴
  ・文化的な認識
  ・リーダーシップ
  ・ネットワーキング
  ・政治的な認識
会議
作業パフォーマンス情報
変更要求
プロジェクト・マネジメント計画書更新版
  ・資源マネジメント計画書
  ・コミュニケーション・マネジメント計画書
  ・ステークホルダー・マネジメント計画書
プロジェクト文書更新版
  ・リスク登録簿
  ・ステークホルダー登録簿
  ・課題ログ
  ・教訓登録簿
プロジェクト・ステークホルダー・マネジメント

コミュニケーションの監視

  • 実行方法
    • プロジェクト全体を通して実行
    • ステークホルダーに対して効果的かどうかを明確にする。
    • 効果が適切かどうかを評価・監視される。
      • 対象者は適切か?
      • チャネルは適切か?
      • タイミングは適切か?
      • 内容が正しいか?
  • 活動内容
  • 修正
    • リスク
    • 課題
    • コンフリクト
    • 主要なパフォーマンス評価指標

インプット

ツールと技法

専門家の判断

  • コミュニケーション
    • 一般大衆
    • コミュニティ
    • メディア
    • 国際的
    • バーチャル・グループ間

プロジェクト・マネジメント情報システム

ステークホルダー評価マトリックス

相違のレビュー

  • 望ましい関与度
  • 現在の関与度

観察と対話

  • 作業者ではなく、プロジェクト・チームを対象とする。
  • PMは、以下を特定することが出来る。
    • チーム内の課題
    • 人と人のコンフリクト
    • 個々のパフォーマンス課題

会議

対面、またはバーチャル

  • 意思決定
  • ステークホルダーの要求に応える。
  • 話し合い
    • ベンダー、サプライヤー
    • その他のステークホルダー

アウトプット

作業パフォーマンス情報

  • コミュニケーションがどのように実行されたか。
    • 計画されたコミュニケーション
    • 実行されたコミュニケーション
  • フィードバック
    • 有効性に関する調査結果

変更要求

コミュニケーション・マネジメント計画書の調整/行動/介入

  • 計画・内容の調整
  • 要求事項の改訂
    • 配信する情報
    • 配信の方法
    • コンテンツの形式
  • ボトルネック解消手続き

プロジェクト・マネジメント計画書更新版

プロジェクト文書更新版

ステークホルダー・エンゲージメントの監視

  • 目的
    • ステークホルダーを監視、
    • 状況に応じて関与を得る戦略をテーラリング
    • 関与活動の効果・効率を維持・向上させる。
  • 実行方法
    プロジェクト全体を通して実行

インプット

ツールと技法

データ分析

  • 代替案分析
    選択肢の評価
  • 根本原因分析
    効果の背景(根本原因)を判断
  • ステークホルダー分析
    ステークホルダー・グループの立場を決定する。

意思決定

ステークホルダー評価マトリックス

  • 関与度の変化を追跡
  • エンゲージメントを監視

コミュニケーション・スキル

  • フィードバック
    ステークホルダーへの情報の伝達・理解を確実にする。
  • プレゼンテーション
    ステークホルダーに明確な情報を提供

人間関係とチームに関するスキル

  • 積極的傾聴
    誤解、ミスコミュニケーションを減らす。
  • 文化的な相違点と要求事項
    コミュニケーション計画に役立つ。
    • 文化的な認識
    • 文化的な感受性
  • リーダーシップ
    ステークホルダーの関与を成功させる強力なリーダーシップ。
    • ステークホルダーにビジョンを伝える。
    • ステークホルダーを動機付ける。
  • ネットワーキング
    ステークホルダーの関与度に関する情報入手を確実にする。
  • 政治的な認識
    • インフルエンサーを把握
    • ステークホルダーとコミュニケーション能力の開発。

会議

  • タイプ
    • 状況確認会議
    • スタンドアップ・ミーティング
    • 振り返り(レトロスペクティブ
    • 計画書で合意された会議
  • 対面に制限されない
    • 対面式(費用)
    • 音声 対 音声
    • その他、技術(TV会議)

アウトプット

作業パフォーマンス情報

テークホルダーの関与度・支援レベルの情報

変更要求

関与度を改善するための

  • 是正処置
  • 予防処理

プロジェクト・マネジメント計画書更新版

プロジェクト文書更新版


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-18 (月) 21:25:16 (186d)