.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

監視・制御 - その他プロセスの主要な役割

インプット・アウトプット

#プロセスインプットツールと技法アウトプット知識エリア
3範囲スコープの妥当性確認・プロジェクト・マネジメント計画書
  ・スコープ・マネジメント計画書
  ・要求事項マネジメント計画書
  ・スコープ・ベースライン
・プロジェクト文書
  ・要求事項文書
  ・要求事項トレーサビリティ・マトリックス
  ・検証済み成果物
作業パフォーマンス・データ
検査
意思決定
  ・投票
受け入れ済み成果物
変更要求
作業パフォーマンス情報
プロジェクト文書更新版
  ・要求事項文書
  ・要求事項トレーサビリティ・マトリックス
  ・教訓登録簿
プロジェクト・スコープ・マネジメント
4スコープのコントロール・プロジェクト・マネジメント計画書
  ・スコープ・マネジメント計画書
  ・要求事項マネジメント計画書
  ・スコープ・ベースライン
  ・パフォーマンス測定ベースライン(PMB)
  ・変更マネジメント計画書
  ・コンフィグレーション・マネジメント計画書
・プロジェクト文書
  ・要求事項文書
  ・要求事項トレーサビリティ・マトリックス
  ・教訓登録簿
作業パフォーマンス・データ
----------
組織のプロセス資産
データ分析
  ・差異分析
  ・傾向分析
作業パフォーマンス情報
変更要求
プロジェクト・マネジメント計画書更新版
  ・スコープ・マネジメント計画書
  ・スコープ・ベースライン
  ・スケジュール・ベースライン
  ・コスト・ベースライン
  ・パフォーマンス測定ベースライン(PMB)
プロジェクト文書更新版
  ・要求事項文書
  ・要求事項トレーサビリティ・マトリックス
  ・教訓登録簿
5時間スケジュールのコントロール・プロジェクト・マネジメント計画書
  ・スケジュール・マネジメント計画書
  ・スケジュール・ベースライン
  ・スコープ・ベースライン
  ・パフォーマンス測定ベースライン(PMB)
・プロジェクト文書
  ・プロジェクト・スケジュール
  ・スケジュール・データ
  ・プロジェクト・カレンダー
  ・教訓登録簿
作業パフォーマンス・データ
----------
組織のプロセス資産
データ分析
  ・アーンド・バリュー分析
  ・差異分析
  ・傾向分析
  ・イテレーション・バーンダウン・チャート
  ・パフォーマンス・レビュー
  ・What-If分析
クリティカル・パス法
資源最適化技法
リードとラグ
スケジュール短縮
プロジェクト・マネジメント情報システム
作業パフォーマンス情報
変更要求
スケジュール予測
プロジェクト・マネジメント計画書更新版
  ・スケジュール・マネジメント計画書
  ・スケジュール・ベースライン
  ・コスト・ベースライン
  ・パフォーマンス測定ベースライン(PMB)
プロジェクト文書更新版
  ・プロジェクト・スケジュール
  ・スケジュール・データ
  ・プロジェクト・カレンダー
  ・前提条件ログ
  ・見積根拠
  ・リスク登録簿
  ・教訓登録簿
プロジェクト・タイム・マネジメント
6原価コストのコントロール・プロジェクト・マネジメント計画書
  ・コスト・マネジメント計画書
  ・コスト・ベースライン
  ・パフォーマンス測定ベースライン(PMB)
・プロジェクト文書
  ・教訓登録簿
プロジェクト資金用要求事項
作業パフォーマンス・データ
----------
組織のプロセス資産
専門家の判断
データ分析
  ・アーンド・バリュー分析
  ・差異分析
  ・傾向分析
  ・予備設定分析
プロジェクト・マネジメント情報システム
作業パフォーマンス情報
変更要求
コスト予測
プロジェクト・マネジメント計画書更新版
  ・コスト・マネジメント計画書
  ・コスト・ベースライン
  ・パフォーマンス測定ベースライン(PMB)
プロジェクト文書更新版
  ・前提条件ログ
  ・見積根拠
  ・コスト見積
  ・リスク登録簿
  ・教訓登録簿
プロジェクト・コスト・マネジメント
7品質品質管理(QC)プロジェクト品質マネジメント
8人的資源人的資源のコントロールプロジェクト人的資源マネジメント
10リスクリスクの監視プロジェクト・リスク・マネジメント

スコープの妥当性確認

  • 目的
    • 品質管理(QC)に合格した検証済み成果物を正式に受け入れる。
    • 受け入れプロセスに客観性を与える。
    • 最終のプロダクト / サービス / 所産の受け入れ可能性を高める。
  • 実行
    • プロジェクト全体を通して実行
    • スポンサーや顧客の協業によって実行

インプット

プロセス(ツールと技法)

検査

  • 測定、試験、妥当性確認
  • レビュー、プロダクト・レビュー、ウォークスルー。

意思決定

投票

アウトプット

受け入れ済み成果物

  • スポンサーや顧客から正式な署名を受ける。
  • プロジェクトやフェーズの終結プロセスへ送られる。

作業パフォーマンス情報

プロジェクトの進捗状況に関する情報。

  • 受け入れられた成果物
  • 受け入れられなかった成果物

変更要求

スコープの欠陥修正には変更要求を必要とする。

プロジェクト文書更新版

  • 要求事項文書
    • 当該プロセスの結果、更新することもある。
    • 重要なのは、以下のケースで更新すること。
      • 実際の要求より優れている場合
      • 要求が放棄された場合

スコープのコントロール

  • 実行
    • プロジェクト全体を通して実行
    • スコープ・クリープの防止
      • スケジュール、コスト、資源を調節せずスコープを拡大すること。
      • 実際には、時間、原価、資源の無駄遣いになっている。
      • コレを防ぐためには、変更管理プロセスを守るようメンバを指導する。

インプット

プロセス(ツールと技法)

データ分析

アウトプット

作業パフォーマンス情報

  • スコープがどのように変化しているか?
    • 相互関係
    • コンテキスト
  • コンテンツ
    • 変更の分類
    • 特定されたスコープの差異と原因
    • スケジュール・コストへの影響
    • 将来のスコープのパフォーマンス予測

変更要求

パフォーマンスの分析の結果、生じる。

プロジェクト・マネジメント計画書更新版

プロジェクト文書更新版

スケジュールのコントロール

  • 実行方法
    • プロジェクト全体を通して実行
    • プロジェクト・スケジュールの状況把握が必要。
    • 変更のマネジメント
      • 変更要因への働きかけ
      • スケジュールが変更されたかどうか確認。
  • 活動内容
    アジャイル手法におけるスケジュールのコントロール
  • スケジュールの現状確認 以下を比較する。
    • 納品、受入られた作業の総量
    • 経過時間サイクルで見積られた作業完了
  • 速度(ベロシティー)の確定 イテレーション内で成果物が、
    • 生産され、
    • 妥当性確認され、
    • 受け入れられるまで。
  • プロセス改善のための振り返りレビュー
  • バックログの優先度再設定

インプット

プロセス(ツールと技法)

データ分析

  • イテレーション・バーンダウン・チャート
    • イテレーションのバックログの作業を追跡する。
    • イテレーション計画でコミットメントに基づき、
      理想とされるバーンダウンに関する差異を分析する。
  • パフォーマンス・レビュー

クリティカル・パス法

  • クリティカル・パスの差異は、
    プロジェクト終了日に直接的な影響を与える。
  • クリティカル・パスでのアクティビティ進捗状況を
    評価することでスケジュール・リスクを特的出来る。

資源最適化技法

資源の可用性を考慮に加えている。

リードとラグ

遅れているスケジュールを計画に沿ったものに戻すため、リードとラグを分析する。

スケジュール短縮

遅れているスケジュールを計画に沿ったものに戻すため、スケジュール短縮する。

プロジェクト・マネジメント情報システム

アウトプット

作業パフォーマンス情報

で計算する。

作業パフォーマンス報告書に含める。

変更要求

スケジュール予測

得られた知識に基づいた将来のプロジェクトの状態・イベントの見積・予測

プロジェクト・マネジメント計画書更新版

プロジェクト文書更新版

  • 前提条件ログ
    スケジュール・パフォーマンスは、
    アクティビティ順序設定、所要時間、生産性
    についての前提条件の変更の必要性を示す。
  • 見積根拠
    所要時間見積の作成方法を修正する可能性がある。
  • リスク登録簿
    スケジュール短縮技法によって生じるリスクに基づいて更新される。

コストのコントロール

  • 実行方法
    • プロジェクト全体を通して実行
    • 現在までに支出した実コストの情報が必要。
    • 支出+出来高の関係を分析する。
    • 予算の増額には、統合変更管理を経由する必要がある。
  • 変更の発生に際し、実際の変更をマネジメントする。
    • 変更要求がタイミングよく処理されることを確実にする。
    • 予想されるコスト超過を許容範囲内に収める。
  • コスト支出が、以下の何れの認可済み資金額を超えないことを確実にする。
    • 期間
    • WBS要素
    • アクティビティ
    • プロジェクト全体
  • コスト・ベースラインとの差異を理解する。
    • コスト・パフォーマンスを監視する。
    • 支出した資金に対する作業パフォーマンスを監視する。
  • 報告
    • 承認されていない変更をコストや資源の利用報告に織り込まない。
    • 承認済み変更と付随するコストをステークホルダーに報告する。

インプット

プロセス(ツールと技法)

専門家の判断

データ分析

プロジェクト・マネジメント情報システム

コスト設定/変更

アウトプット

作業パフォーマンス情報

で計算する。

作業パフォーマンス報告書に含める。

変更要求

コスト予測

算出 or ボトムアップの

完成時コスト予測 (EAC: Estimate At Completion)

値を報告する。

プロジェクト・マネジメント計画書更新版

プロジェクト文書更新版

  • 前提条件ログ
    コスト・パフォーマンスは、
    コスト・パフォーマンスに影響を及ぼす要因
    についての前提条件の変更の必要性を示す。
  • 見積根拠
    コスト見積の作成方法を修正する可能性がある。
  • リスク登録簿
    コスト差異がコスト閾値に達した、達しそうになった場合に更新される可能性がある。

品質管理(QC)

インプット

プロセス(ツールと技法)

アウトプット

人的資源のコントロール

インプット

プロセス(ツールと技法)

アウトプット

リスクの監視

インプット

プロセス(ツールと技法)

アウトプット


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-29 (木) 21:39:41 (14d)