.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

動機

弊Wiki上での動機は、

サービス開発のマネジメントを行うため。

  • マーケティング
  • 立上
  • 設計
  • 開発
  • テスト
  • リリース
  • プロモーション
  • 案件への導入

表記

  • (n):PMBOK第n版で変更になった部位を示している。
  • (p):PMP書籍に無くPMBOK書籍にのみあった部位を示している。

共通

環境

役割

プロセス群 * 知識エリア

プロセス群

知識エリア

マトリックス

#知識エリア\プロセス群立上計画実行監視・制御終結
1統合マネジメントプロジェクト憲章作成計画
プロジェクト・マネジメント計画書作成
プロジェクト作業の指揮・マネジメント
プロジェクト知識のマネジメント(6)
プロジェクト作業の監視・コントロール
統合変更管理
プロジェクトやフェーズの終結
2スコープ・マネジメント計画 * 範囲
スコープ・マネジメント計画
要求事項収集
スコープ定義
WBS作成
スコープの妥当性確認
スコープのコントロール
3スケジュール・マネジメント計画 * 時間
スケジュール・マネジメント計画
アクティビティ定義
アクティビティ順序設定
アクティビティ資源見積(6)
アクティビティ所要期間見積
スケジュール作成
スケジュールのコントロール
4コスト・マネジメント計画 * 原価
コスト・マネジメント計画
コスト見積
予算設定
コストのコントロール
5品質マネジメント計画 * 品質
品質マネジメント計画
品質保障(QA)品質管理(QC)
6人的資源マネジメント計画 * 資源
資源マネジメント計画
アクティビティ資源見積(6)
プロジェクト・チーム編成(6)
資源の獲得(6)
チーム育成
チーム・マネジメント
人的資源のコントロール(6)
7コミュニケーション・マネジメント計画 * コミュニケーション
コミュニケーション・マネジメント計画
コミュニケーション・マネジメントコミュニケーションの監視
8リスク・マネジメント計画 * リスク
リスク・マネジメント計画
リスク特定
定性的リスク分析
定量的リスク分析
リスク対応計画
リスク対応策の実行(6)リスクの監視
9調達マネジメント計画 * 調達
調達マネジメント計画
調達の実行調達のコントロール調達終結(6)
10ステークホルダー・マネジメント(5)ステークホルダー特定計画 * ステークホルダー
ステークホルダー・マネジメント計画(6)
ステークホルダー・エンゲージメント計画(6)
ステークホルダー・エンゲージメント・マネジメントステークホルダー・エンゲージメントの監視

実行監視・制御は同時進行になる。

フロー(監視・制御)

変更点

5版 -> 6版

共通

  • ツールと技法の分類を追加
    • データの収集/分析/表現
    • 意思決定
    • コミュニケーション・スキル
    • 人間関係とチームに関するスキル
  • ライフサイクル区分の追加
    以下を組合せた、「ハイブリッド型ライフサイクル」の追加。
    • 予測型サイクル(完全計画駆動型手法、ウォーターフォール型)
    • 適応型ライフサイクル(アジャイル手法、変化駆手法)

環境

大きな変更。

役割

新設された。

知識エリア

  • 共通
  • サブセクションの追加
    • 主要概念
    • 傾向と新たな実務敢行
    • テーラリングの考慮点
    • アジャイル型や適応型環境への考慮事項
  • 個別
  • リスク・マネジメント
    • 「全体リスクと個別リスク」の「分類と対応策」の定義
    • 対応策の中に「エスカレーション」が追加

マトリックス上の変更

  • その他の名称変更
  • 追加
  • 削除
  • 移動

補足

PMP:アーンド・バリュー(EV)

参考

PMI

  • プロジェクト・マネジメント技法の標準を定めている。
  • 冷戦期の米国防省によりプロジェクトマネジメント概念が確立
  • その後、NASAにより利用されるようになる。
  • アポロ計画の年(1969年)に設立される。

PMBOK

  • プロジェクト・マネジメントの実務慣行(Good Practice)の標準を定めている。
    • ≠ 特化:Best Practice
    • ≒ 汎化:Good Practice
      • Mustは無い。
      • 絶対では無い。
  • 1987年に初版発行。
  • PMIが制定している。
  • 完成度が高い。
  • 北米、アジアで主流
  • 欧州はISO-21500だが、内容は≒PMBOK

ガイダンス

各企業が案内していると思うのでそれを参照。

メリット

以下のような取得のメリットがある。

  • 実績
  • 市場価値
  • キャリアアップ機会
  • 顧客信頼

出題の内訳

PMP試験の出題の内訳は以下の通り。

認定維持

  • 60PDU / 3年
  • 1PDUは、1時間の体系的学習

試験の参考情報


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-29 (木) 20:38:07 (14d)