.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

画像処理とコンピュータビジョン界隈で著名なOSSライブラリ(BSDライセンス)

開発元

  • Intel社が開発・公開(前身はPPI)。
  • Willow Garage社が開発・管理を引き継ぐ。
  • Itseez社が開発・管理を引き継ぐ。
  • Intel社がItseez社を買収。

できること

画像処理

  • 入力出力
  • 変換・分離

コンピュータビジョン

  • 形状マッチング
  • パターン認識(顔認識)
  • トラッキング(物体追跡)
  • ステレオビジョンによる3D再構成

汎用的なアルゴリズム

  • 数学処理
  • 機械学習

OpenCVを利用できる言語

APIが、C(レガシー)/C++で実装されているため、

  • クロス・プラットフォーム(Win, Mac, Linux, iOS, Android)
  • Python、Javaなどから利用可能。
  • .NETからの利用も可能(C++/CLIラッパー)

ファーストステップ

  • WinのC#、PythonでOpenCVを触る。
  • IoTには、Win10 IoT + C#で持っていく。

OpenCVラッパーライブラリ

ラッパーライブラリも多数用意されている。

.NET

  • OpenCvSharp?
  • Emgu CV
  • OpenCV.NET
  • OpenCVLib
  • OpenCV .NET Wrapper

参考

OpenCvSharp? + Windows10 IoT Core

OpenCvSharp? + Linux

主要なクラスライブラリ

Matクラス

  • 画像データを扱う。
  • depthはbit深度値ではなく定義された定数値。
メンバ変数・関数意味
cols
rows
dataデータへのポインタ
depth()bit深度
channels()チャンネル数
type()データ型
at<T>(x, y)画素へのアクセス。
1チャネル:T=uchar
3チャネル:T=Vec3b
step一行のバイト数(cols * channels)

IplImage?構造体

古くはIplImage?構造体を利用していた。

メンバ変数・関数意味
width
height
imageDataデータへのポインタ
widthStep一行のバイト数(cols * channels)

参考

Web

opencv.org

http://opencv.org/

書籍

  • Opencvによる画像処理入門

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-08 (水) 10:09:53 (43d)