.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

OSSの導入事例。

  • 昨今、パッケージ・マネージャの利用は当たりまえ。
  • パッケージ・マネージャに登録されているパッケージは殆どOSS
  • ≒殆どのソフトウェアが実質的にOSSを使用していると言える。

ポイント

導入のポイントは下記。

脆弱性診断

ライセンス違反チェック

検査用の製品

ホワイトソース(WhiteSource?

ブラック・ダック(Black Duck)

リサーチ

  • 以下の調査結果から、
    • ほぼすべての業種がOSSを利用
    • 基本ソフトやミドルウェアでOSS活用比率は高い。
  • ビッグデータやクラウド関連の
    ソフトウェア利用も伸びてきている(2020年現在)。

IDC Japan、2014年1月の情報

2013年11月、1次調査1,138社、2次調査515社から有効回答

1次調査(本番環境で導入している

  • 産業分野別
    • 公共/公益(44.8%)
    • 情報(38.7%)
    • 運輸/サービス(35.8%)。
  • 従業員規模別
    • 従業員1,000人以上(40%を超えた)

2次調査(OSSの利用実態

  • OSSに関する予算を増加している企業の64.8%は、その企業の売上高も増加
  • IT戦略の中においてOSSを積極的に活用していく方針をとっている企業の
    • 44.4%は、売上高が増加し
    • その約半数の企業は売上高が10%以上増加
  • 利用されているOSS
    • 一般ユーザー企業
      • バッチ処理
      • システムログの管理/解析
      • ストレージ/データ保存
      • ビッグデータソリューション(1.5%)
  • サービスプロバイダー
    • 検索/インデックス作成
    • Webログの管理/解析
    • ビッグデータソリューション(12.5%)

IDC Japan、2015年4月の情報

2015年1月、1次調査で1782社、2次調査で309社から有効回答

1次調査(本番環境で導入している

  • 企業の割合は31.5%
  • 産業別で見ると、
    本番環境での導入率が30%を超えているのは、
    • 通信/情報が39.2%
    • 公共/公益が37.6%
    • 金融が35.4%
  • OSSの利用方針
    OSSの利用に前向きな方針をとっている企業が全体の4割超え。
    一方で、全体の約3分の1は、方針が不明確。
  • 「積極的に利用する」と答えた企業が12.1%
  • 「適材適所で利用する」と答えた企業が31.3%
  • 「明確な方針はない」が26.6%
  • 「分からない」が9.4%

2次調査(より詳細な利用実態

  • 本番環境で利用しているOSSの種類
    • OSのLinuxが63.8%で最多
    • APサーバーソフトのTomcat(39.5%)、
    • システムソフトのSamba(29.1%)
    • DBサーバーソフトのMySQL(26.5%)
  • ビッグデータやクラウド関連のOSSの利用率は、総じて低い結果
    • 分散処理フレームワークのHadoop
    • 非RDBMS群のNoSQL
    • OpenStack?CloudStack?
    • 仮想コンテナソフトのDocker

IDC Japan、2015年12月の情報

2015年12月、一次調査で1,482社、二次調査で309社から有効回答

1次調査(本番環境で導入している

企業におけるOSSの導入率は31.3%、
この3年間で大きな変化はなかった。

  • 従業員規模別
    • 100~499人以下で24.8%
    • 1,000人~4,999人で36.8%
    • 5,000人以上で39.4%
  • 使用率上位
    • Linux:67.3%
    • DBサーバーのMySQL:53.1%
    • APサーバーのTomcat:35.6%
    • DBサーバーのPostgreSQL:35.0%

2次調査(OSSの利用実態

  • 本番環境で使用しているOSSの種類
    • Linux:67.3%
    • DBサーバーのMySQL:53.1%
    • APサーバーのTomcat:35.6%
    • DBサーバーのPostgreSQL:35.0%
    • システムソフトウェアのSamba:21.4%
    • システム管理のZabbix:16.2%
    • ハイパーバイザーのXen:16.2%
  • Open PaaS関連
    • クラウドインフラのOpenStack?:6.1%
    • コンテナプラットフォームのDocker:4.5%
  • ビッグデータ関連
    • データ分散処理のHadoop:6.8%
    • NoSQLのMongoDB:4.5%
  • クラウドサービスとOSS使用の関係を分析
    • IaaSを利用している 企業の
      • 42.5%は、OSSを積極的に使用していくという方針
      • 43.8%はOSSを適材適所で使用していくという方針
  • PaaSを利用している企業においても、
    • 53.1%がOSSを積極的に使用していくという方針
    • 34.7%はOSSを適材適所で使用していくという方針
  • IaaS、PaaSを利用しない企業では、OSSの積極的使用は20%未満

OSSRA Report 2018

2018 Open Source Security and Risk Analysis(OSSRA)Report

https://www.synopsys.com/content/dam/synopsys/japan/software-integrity/reports/2018ossra-rep-a4-jnp.pdf

OSSRA Report 2019

2019 Open Source Security and Risk Analysis(OSSRA)Report

  • OSSのリスク分析ツールからデータを取得して分析した結果らしい。

OSSコンポーネントを含むコードベースの割合

図2 ほぼすべての業種がOSSを利用 | 日経クロステック(xTECH)
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/02268/?SS=imgview&FD=507047882

コードベースに含まれるOSSコンポーネントの割合(業種別)

図3 業種別のOSS比率 | 日経クロステック(xTECH)
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/02268/?SS=imgview&FD=507971403

参考

IDC Japan

  • クラウドサービスの普及がOSS使用拡大のドライバーになる――
    IDCが国内企業のOSS利用実態調査 :EnterpriseZine?(エンタープライズジン)
    https://enterprisezine.jp/news/detail/7703

シノプシス


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-17 (月) 13:11:39 (224d)