.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

NoSQLに関する情報をまとめる。

背景

登場の背景はRDBでは解決困難な3Vの増加の問題がでてきたから。

Volume & Velocity

RDBで、大量データの高速処理を行う場合の課題として、

という点があげられる。

Variety

  • 非定型なメタデータの管理が困難
  • RDBに格納困難な非構造化データが増加しているらしい(主にはJSON)。

適合するケース

非構造化データ

  • 非構造化データの例
    • 商品情報
    • 物件情報
    • デバイスの生成するデータ
    • 最近、非構造化データが急増している。
  • 非構造化データの増加に伴う影響
    • スキーマ変更の影響が大きい(多分、主に列を足す作業)
      • 時間がかかる
      • オフライン

大量データの高速処理

  • 原因
    • モバイル端末からのアクセス数の増加。
  • 対応
    RDBでは、
    • スケールアップが限界を迎える(若しくは高価過ぎる)。
    • しかし、スケールアウトにも課題がある。
    • そこで、スケールアウト可能なNoSQLが採用される。
    • 減らせるRDBの運用コスト > NoSQLクラスタの運用コスト

詳細

プロダクトのタイプ

データ・パイプラインの構成を理解するのに重要になりそう。

分散処理

バッチ型とストリーム型がある。

KVS型

  • KVS型
    Hibari、Dynamo、Voldemort、Riak
  • KVSイネーブラ型
    Memcached、Redis、Scalaris、Tokyo Cabinet/Tyrant

列(カラム)指向型

  • ビッグデータ型
  • インメモリDB
    • SAP HANA
    • 各RDBMSのオプション
  • 分散クエリ
    • BigQuery?、Dremel
    • Amazon Redshift

ドキュメント指向型

グラフ型

時系列型

HTAP (Hybrid Transaction/Analytical Processing)

参考

@IT

  • 知らないなんて言えないNoSQLまとめ
    https://www.atmarkit.co.jp/ait/series/928/
    • (1):KVS系NoSQLのまとめ(Hibari、Dynamo、Voldemort、Riak編)
    • (2):イネーブラ型NoSQLのまとめ(Memcached、Redis、Scalaris、Tokyo Cabinet/Tyrant編)
    • (3):カラム指向型データベース(HBase、Hypertable、Cassandra)編
    • (4):グラフ型NoSQLデータベース(Neo4j、InfiniteGraph?)編
    • (5):ドキュメント指向のNoSQLデータベース(CouchDB、MongoDB)編

Think IT

Qiita

昨今のトレンド

NoSQLはOSSよりサービスのほうが流行っている感ある。

なお、API互換性は探したが発見できず(有識者曰く互換性は無さそう)。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-19 (土) 15:13:42 (35d)