.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

詳細

長所

OSSなので

  • 無償利用可能なディストリビューションが多数ある。
  • 高品質のオープンソース・ミドルウェアが多数ある(Apache、MySQL)。
  • プログラミング環境も無償で構築できる(LAMP、MEAN)。

サーバー用途で広く普及

  • CUIが主要でシェルスクリプトによる自動化がし易く、サーバー運用が行い易い。
  • ブラック・ボックスが無く、OS内部まで確認可能で、専門家によるサポートが可能。

展開が用意

  • Windows:
    • SIDがあるのでSysprepが必要
    • 基本GUIでレジストリ設定先などの裏の仕様が不明
  • Linux:
    • SIDが無いのでSysprepが不要。
    • CUI+ファイル・コピーでイケる。

短所

クライアント機能が弱い。

  • デスクトップの機能が弱い。
  • Microsoft Officeが動作しない。
  • 日本語対応などのローカライズが弱い。

ドライバ系が弱い。

  • モノリシックカーネルであり、ドライバ系が弱いらしい。
  • 様々なデバイスを接続し得るクライアントOSとしては、この辺が問題になるのかも。

サポートが弱い。

  • ドキュメント・ヘルプが英語版のみのことがある。
  • ソフトウェアによっては日本語を利用すると正しく動作しない。

全体的に玄人向け

  • プロフェッショナル向けなので、自動パラメタ的に実装されていない。
  • slabキャッシュの問題の例
  • slabとはslabアロケータのこと。
    • ページフレーム以下のサイズのメモリ領域を効率よく使うためのカーネルの仕組み。
    • ヒープマネージャ的実装で、カーネルモードのkmalloc, kfreeの裏で動いている。
  • slabキャッシュの中に、
    ・dentryキャッシュ(ディレクトリのメタデータ情報を格納する)
    ・inodeキャッシュ(ファイルのメタデータ情報を格納する)
     があり、ファイルを頻繁に作ったり消したりすると、リーク(断片化)する。
    ・サイズに制限をかけられるか? → できなそう。
    ・なので、自分で監視して、drop_cachesを呼べと言う話っぽい。
    ※ まさに「プロ仕様 な Linux」と言える造り。
  • 参考

参考

デスクトップ

マイクロソフト系技術情報 Wiki

Windows OSの設計思想

Windows 自動パラメタとチューニング


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-27 (木) 10:33:36 (137d)