.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • LINE (SaaS)については言及しない。
  • PaaSで開発ができるようなのでどんな感じか?説明する。

詳細

アプリ

LINEミニアプリ

簡単に言うと、LINEアプリ内に組み込めるアプリ。

LIFFアプリ

簡単に言うと、LINEミニアプリから呼び出す前提のWebアプリ

LINE SDK

  • 基本的には、LINE API(WebAPI)のラッパーとして機能するものらしい。
  • for Android、for iOS、for Unity、for Flutterなど、
    様々なプラットフォームに向けたモノがある。

アカウント

  • LINEアカウント
    • 一般ユーザのアカウント
    • スマホが必要。複数持つには、複数のスマホが必要。
  • PC版のLINEアカウント
    • 電話番号とメアドがあれば、アカウントを登録できる
    • 故に、開発用に個別にスマホを準備する必要はない。
  • LINE Developer アカウント
    • PC版を含め、LINEアカウントを開発者のアカウントとして登録できる。
    • プロバイダおよびチャンネルを作成できる。
  • LINE公式アカウント
    • チャンネルを作った際に自動的に作成される。
  • LINE Business ID
    • チャンネル等の各種サービスの管理画面にログインするときに使用するID
  • 3パターンがある。
    • 個人LINEアカウント登録済みのLINE Business ID
    • メールアドレス登録済みのLINE Business ID
    • 両方が登録済みのLINE Business ID
  • チャンネルを作った際、若しくは、公式アカウントにログインすると自動的に作成される。
  • Developer アカウント、公式アカウント、Business IDの多重度
    • 自動的に作成される...から、1:1:1のように見えるが違う。
  • 多重度
    • LINE公式アカウント -> LINE Business ID
      1つのLINE Business IDは100個の公式アカウントを持てる。
    • LINE Developer アカウント -> LINE Business ID
      1つのLINE Business IDは複数のLINE Developer アカウントを持てる。
  • 逆に言うと、
    • 1つの LINE Developer アカウントには1つの LINE Business ID しか連携できない。
      (間違って2つ目のLINE Business IDを作成すると1つ目のLINE Business IDでLINE連携ができなくなる。)
    • 故に、LINE Business IDが変わると、LINE Developer アカウントも変える必要がある。

方式

認証方法

  • OAuth2/OIDCっぽい、LINE-SDKのオリジナル・フローで、
    IDトークンの取得できる(この際、認証画面などは出なさそう)。
  • IDトークンの検証などの流れは、OAuth2/OIDCっぽいが、
    WebAPIのインターフェイスなどもSDK同様に独自仕様。
  • 取得したIDトークンをLIFFアプリに渡すことで、
    LIFFアプリでもユーザ情報を使用することができるようになる。

開発方法

  • LINEミニアプリには開発用、審査用、本番用の3つのチャネルがある。
  • 開発用、審査用は、LINE公式アカウントに紐付くLINE Developer アカウントでのみ確認できる。

その他

Messaging API

メッセージング・サービス

LINE Bot Designer

チャットボット・サービス

LINE CLOVA

人工知能系サービス

参考

  • LINE Developers
  • LINEミニアプリ

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-09-29 (水) 17:45:37 (24d)