.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • 所謂一つのJava。
  • 30億のデバイスで走るJava。
  • ココのスコープはOracleのJavaの範囲内。
  • ソレ以外のスコープはコチラを参照。

詳細

コンポーネント

パッケージ(規約)

  • Java SE
    標準パッケージ(バージョン2から5までの表記は、J2SE)
  • JavaBeans?
    Javaで書かれた再利用可能なソフトウェアコンポーネントまたはその技術仕様
  • Java Database Connectivity (JDBC)
    Java とRDBMS の接続のためのAPI
  • Java EE
    サーバ用パッケージ(バージョン2から5までの表記は、J2EE)
  • Java Servlet
    Javaで作成されたCGIプログラム及びその仕様。Java EEの一機能という位置付け。
  • JavaServer? Pages (JSP)
    Java Servletに同梱された機能で、HTML内にJavaのコードを埋め込んでおき、
    Webサーバで動的にWebページを生成してクライアントに返す技術
  • Enterprise JavaBeans?
    JavaBeans?仕様と同様のものを、サーバサイドの
    ネットワーク分散型ビジネスアプリケーションで実現した仕様
  • Java ME
    組込み用パッケージ(バージョン2から5までの表記は、J2ME)

JDK/JRE

Java SE等は規約でそれを実装したのがJDK/JRE

  • JDK : Java開発キット(環境)。Javaでプログラムを作るとき必要(JREを同梱
  • JRE : Java実行環境。Javaで作られたプログラムを実行するとき必要(JVMを同梱。
  • JVM : Java言語で作られたプログラムを実行するためのソフトウェア

リリース

Java SE 8 (2014年3月18日)

  • 2014年3月4日に仕様が規定
  • JDK 8 は2014年3月18日にリリースされた。
  • Java ME 8 は2014年4月30日にリリースされた。

Java SE 9 (2017年9月21日)

  • Java SE 9 は 2017年9月21日にリリースされた。
  • リリースモデル
    タイムベースのリリースモデルへと移行
    • 新機能の完成を待ってメジャーバージョンアップから、
    • 毎年3月と9月の年2回メジャーバージョンアップへ変更。
    • アップデート・リリースは1月、4月、7月、10月
  • サポートサイクル
    サポート期間は、次のメジャーバージョンが出るまでの間(≒non-LTS)。

Java SE 10 (2018年3月20日)

  • 新リリースモデルによる初リリース
  • 無償で入手可能な最後のメジャーバージョン

Java SE 11 (2018年9月25日)

リリースモデル変更後の初LTSリリース。

Java SE 12 (2019年3月19日)

...

Java SE 13(2019年9月17日)

...

Java SE 14(2020年3月17日)

...

Java SE 15(2020年9月15日)

参考

Wikipedia

Javaを書いてみる。

Java有償化について調べてみた。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-04-13 (火) 10:08:25 (197d)