.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

所謂一つのJava。「30億のデバイスで走るJava」。

詳細

コンポーネント

パッケージ

  • Java SE
    標準パッケージ(バージョン2から5までの表記は、J2SE)
  • JavaBeans?
    Javaで書かれた再利用可能なソフトウェアコンポーネントまたはその技術仕様
  • Java Database Connectivity (JDBC)
    Java とRDBMS の接続のためのAPI
  • Java EE
    サーバ用パッケージ(バージョン2から5までの表記は、J2EE)
  • Java Servlet
    Javaで作成されたCGIプログラム及びその仕様。Java EEの一機能という位置付け。
  • JavaServer? Pages (JSP)
    Java Servletに同梱された機能で、HTML内にJavaのコードを埋め込んでおき、
    Webサーバで動的にWebページを生成してクライアントに返す技術
  • Enterprise JavaBeans?
    JavaBeans?仕様と同様のものを、サーバサイドの
    ネットワーク分散型ビジネスアプリケーションで実現した仕様
  • Java ME
    組込み用パッケージ(バージョン2から5までの表記は、J2ME)

JDK/JRE

Java SEは規約でそれを実装したのがJDK/JRE

  • JDK : Java開発キット(環境)。Javaでプログラムを作るとき必要
  • JRE : Java実行環境。Javaで作られたプログラムを実行するとき必要
  • JVM : Java言語で作られたプログラムを実行するためのソフトウェア(JREに同梱。

リリース

Java SE 8 (2014年3月18日)

  • 2014年3月4日に仕様が規定
  • JDK 8 は2014年3月18日にリリースされた。
  • Java ME 8 は2014年4月30日にリリースされた。

Java SE 9 (2017年9月21日)

  • Java SE 9 は 2017年9月21日にリリースされた。
  • リリースモデル
    タイムベースのリリースモデルへと移行
    • 新機能の完成を待ってメジャーバージョンアップから、
    • 毎年3月と9月の年2回メジャーバージョンアップへ変更。
    • アップデート・リリースは1月、4月、7月、10月
  • サポートサイクル
    サポート期間は、次のメジャーバージョンが出るまでの間(≒non-LTS)。

Java SE 10 (2018年3月20日)

  • 新リリースモデルによる初リリース
  • 無償で入手可能な最後のメジャーバージョン

Java SE 11 (2018年9月25日)

リリースモデル変更後の初LTSリリース。

Java SE 12 (2019年3月19日)

参考

Javaを書いてみる。

Java有償化について調べてみた。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-04-30 (火) 10:37:37 (224d)