.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

時代はIoTのハズ?

詳細

効果の段階

IoTがもたらす効果が4段階に進化する

監視

離れた場所にあるモノの状態を遠隔からモニタリングできる状態

制御

通信を介した外部からの指示でモノを操作できる、
または、一定の状態を観測したときに決められた
動作を自動で行うようになっている状態

最適化

蓄積されたデータと観測したデータをもとに、
人間が与えた基準に基づく望ましい状態を自ら見つけ、
モノの様態を最適に保つことのできる状態

自律化

目標値などの最低限の指示のみ与えれば、細かな条件や基準がなくても、
自律的に最適な状態を判断し、モノ同士が協調して動作できる状態

IoT Edge Computing

IoTデバイスの認証

参考

ビッグデータ

電子工作

複数のWebサービスを連携させるツール

IoT - マイクロソフト系技術情報 Wiki


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-26 (木) 21:15:02 (72d)