.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

クロスプラットフォームのウィジェット・ツールキット(GUIツールキット)

詳細

経緯

GIMP toolkit

  • 当初、GIMPのためのGUIツールキット、GIMP toolkitが書かれた。
  • GIMP 0.60のリリースでMotifを置き換えることに成功した。

GTK+

  • 書き直され、オブジェクト指向となり、GTK+に名前が変更。
  • これはGIMPの0.99リリースで最初に使われた。

その後、

  • GNOME Foundationによってメンテナンス対応がなされ
  • GNOMEデスクトップ環境で使われるようになった。

バージョン

GTK 2

  • Pangoを使った改善されたテキストのレンダリング
  • 新しいテーマエンジン、柔軟なAPIなどを含む。
  • v2.8からベクターグラフィックスの描画のための
    ライブラリとしてCairoに依存するようになっている。

GTK 3

  • 修正されたインプットデバイスの取り扱いや、
  • CSSのような構文で書かれたテーマのサポート、
  • 他の開かれているGTKアプリケーションからの情報受け取り機能

などを含んでいる。

サポート

様々な言語のバインディングを用いることにより開発が可能。

ネイティブ

C言語を使うが、オブジェクト指向のパラダイムで普通デザインする。

公式

非公式

  • Ruby (Ruby/Gtk2)
  • PHP (PHP-GTK)
  • Lua
  • Haskell
  • Pascal
  • FreeBASIC
  • Fortran (gtk-fortran)

Glade (デザイナ)

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-02 (水) 12:55:20 (386d)