.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

「Azure勢いあるよなー。」と周りを見て思う今日この頃、

安そげでWindows Serverを使用できるSSDインスタンスの開発環境が
欲しかったので、色々探してみて、Google Compute Engineを使ってみた。

登録

  • Googleアカウントとクレジットカード番号で登録できる。
  • キャンペーン中か何かで、300 $ 無償枠を取得できた。

価格

見積

VM作成時に自動計算される、下のような感じ(ゾーンは asia-east1-b、OSはWin2012R2DC)。

 1 か月あたり $129.42 推定費用

実効時間単位 $0.177(1 か月あたり 730 時間)

アイテム                     推定費用
vCPU 4 個 + メモリ 15 GB     $160.60/月
100 GB の SSD 永続ディスク   $17.00/月
継続利用割引
                           - $48.18/月
合計                         $129.42/月 

開発環境なので、使用していないときにシャットダウン運用すれば、月額は、2千円程度かな。

  • (5/7) (営業日) * (1/2) (夜間) * (1/3) (1日辺りの使用頻度)= 0.12
  • 30 d * 24 h * 0.12 = 86.4 h
  • $129.42 * 0.12 = $15.5304

実績

GW中に調子に乗って、つけっぱなしにしてしまったところ、180 h 課金された。

  • これは当初予定していた使用量の2倍以上の時間(シャットダウン運用をしよう)。
  • Windows Serverのライセンス・フィーが思いの他、高額で額は4倍以上。
  • また、SSDを使用している場合は、月額も地味に効いてくる。
項番項目時間課金(円)
1Compute Engine Standard Intel N1 4 VCPU running in APAC178.983 h4,378
2Compute Engine Network Internet Egress from APAC to APAC391.716 MiB5
3Compute Engine Licensing Fee for Windows Server 2012 R2 Datacenter Edition running on Standard Intel N1 4 VCPU178.983 h3,184
4Compute Engine SSD backed PD Capacity63.333 GiB/月1,159
5合計8,726

使い方

  • Azureのポータルを触ったことがあれば、だいたい何がなんだか理解できる。
  • ダッシュ・ボードからRDPファイルを取得してRDPアクセス。

参考

感想

性能

  • vCPU 4 個 + メモリ 15 GBのSSDインスタンスなのでストレス無く速い。

価格

  • サーバとしては安いと思うが、
  • DaaS、VDI的な使い方をするには少し高額と感じる。

VM起動後の開発環境のセットアップ

クラウド非依存の「VM起動後の開発環境のセットアップ」の手順。

ファイアウォール ルール

Developers Consoleでのインスタンス作成時に、ファイアウォール設定でHTTPトラフィックを許可するチェックを付けると

自動追加

自動的に追加されるファイアウォール ルール

名前ソースタグまたはIP範囲許可対象プロトコルまたはポートターゲットタグ
default-allow-http0.0.0.0/0tcp:80http-server
default-allow-https0.0.0.0/0tcp:443https-server

参考

静的IPアドレスの割当

  • GCPのネットワークキング(GCEと同列にある)より、「外部IPアドレス」を選択。
  • 「静的アドレスの予約」から静的な外部IPアドレスをVMに関連付ける。
  • VM一覧からタイプを"エフェメラル"から"静的"に変更する。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-31 (火) 15:03:37 (303d)