.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

Node.js向けの高速で最小限の Web フレームワーク

インストール

以下でインストール。

npm install express --save

素描

HTMLを返す。

サーバを設定

  • 直下にserverディレクトリを作成
  • その直下にserver.jsファイルを作成
var express = require('express');
var app = express();

//ポートの指定
app.set('port', process.env.PORT || 5000);

//ルートパスの指定
var clientPath = __dirname.replace("/server", "/client");
app.use('/', express.static(clientPath));

// URLがNOT FOUNDの際の処理
//redirect NOT FOUND page
//app.use(function(req, res, next){
//  res.status(404);
//  res.sendFile(clientPath + '/404.html');
//});

//エラーが発生した場合の指定
app.use(function(err, req, res, next) {
    console.log(err.stack);
    res.status(500).send(err.message);
});

//指定したポートでリクエスト待機状態にする
app.listen(app.get('port'), function () {
    console.log('server listening on port :' + app.get('port'));
});

コンテンツの配置

コンテンツを配置する。

server/hoge.html

サーバを実行

以下でサーバを実行。

node server/server.js
server listening on port :5000

サーバにアクセス

以下でサーバにアクセス。

http://localhost:5000/hoge.html

JSONを返す。

サーバを設定

  • 直下にserverディレクトリを作成
  • その直下にserver.jsファイルを作成
// expressモジュールをロードし、インスタンス化してappに代入。
var express = require("express");
var app = express();

// CORSを許可する
app.use(function(req, res, next) {
    res.header("Access-Control-Allow-Origin", "*");
    res.header("Access-Control-Allow-Headers", "Origin, X-Requested-With, Content-Type, Accept");
    next();
  });

// listen()メソッドを実行して5000番ポートで待ち受け。
var server = app.listen(5000, function(){
    console.log("Node.js is listening to PORT:" + server.address().port);
});

// *.json
// http://localhost:5000/hoge1.json
app.get("/hoge1.json", function(req, res, next){
    var fs = require('fs');
    var json = JSON.parse(fs.readFileSync('./server/hoge1.json', 'utf8'));
    res.json(json);
});
// http://localhost:5000/hoge2.json
app.get("/hoge2.json", function(req, res, next){
    var fs = require('fs');
    var json = JSON.parse(fs.readFileSync('./server/hoge2.json', 'utf8'));
    res.json(json);
});

コンテンツの配置

コンテンツを配置する。

server/hoge1.json
server/hoge2.json

サーバを実行

以下でサーバを実行。

node server/server.js
server listening on port :5000

サーバにアクセス

以下でサーバにアクセス。

http://localhost:5000/hoge1.json
http://localhost:5000/hoge2.json

Express Generator

もうチョットちゃんとしたserver.js実装が欲しい...。
...とソコで、「Express Generator」が使える。

概要

  • Node.js のWeb/APサーバー機能を提供するExpressアプリの雛形を作成してくれる。
  • Expressにはアドオンでフレームワーク機能を追加していく。

参考

参考

  • JavaScriptの記事一覧
    https://noumenon-th.net/programming/javascript/
    • express-generatorを利用する[express][node.js]
    • EJSテンプレートエンジンを利用する[Express]
    • クエリーパラメーターによる送信[express][query]
    • express-sessionでセッションを利用する[Express][node.js]
    • express-validatorでバリデーションを行う[node.js]
    • mysqlを利用する[express][node.js]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-17 (水) 21:09:20 (3d)