.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • Dockerのコンテナ・レジストリの内、最も一般的なもの。
  • Docker Hubは既定で使っている状態なので、ココでは、
    主にDockerイメージを登録する方法について言及する。

詳細

基本的な使い方

単体使い

  • Docker社による公開のコンテナ・レジストリ。
  • 他にも、ACR(Azure Container Registry)などがある。

GitHub連携

  • Docker Hubと連携させることで、Dockerイメージ
    登録・更新を自動化(Automated Build)できる。
  • GitHubにDockerfileを公開
  • Docker Hubにアカウント間のリンクを設定
  • GitHub上のDockerfileを選択してビルド
  • Docker Hubリポジトリにイメージが追加される。

パブリックプライベート

パブリック

既定で利用可能(登録にはサインアップが必要)。

プライベート

Docker Hub プランをアップグレードすると利用可能。

個人組織

何れも、名前空間として使用できる模様。

個人

docker push <hub-user>/<repo-name>:<tag-name>

組織

docker push <organization>/<repo-name>:<tag-name>

管理

管理画面で管理が可能。

パブリック ⇔ プライベート

変更可能。

...

削除

他のパッケージ・マネージャと異なり、削除ができる。

参考

Qiita


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-09 (木) 09:13:48 (5d)