.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

特徴

  • 複雑なデータフローやデータ構造、高い実行性能が要求される適用領域に対して、
    開発効率や信頼性、実行効率の優れたバッチアプリケーションを開発する
  • 長いライフサイクルをもつバッチアプリケーションに対して、
    プラットフォームの改善を促進しつつ、優れた開発生産性、運用性を導入することで、
    堅牢で持続力のあるバッチ処理基盤を構築することを支援する。

経緯

バッチ・アプリケーションを開発するための包括的なフレームワーク

  • ノーチラス・テクノロジーズが開発した、Hadoop用の開発・運用フレームワークで、2011年にOSSとして公開した。
  • Hadoopはノード数(サーバ数)が多く必要となるため、導入へのハードルを下げるための、コアで並列処理するエンジンを同梱。
  • Hadoopそのものの利用がエンタープライズ分野でも進んできたことで、導入事例と活用シーンが増化中。

詳細

Asakusa DSL を中心としたフレームワーク

  • JavaをベースにしたDSL(Domain Specific Language)を使ってバッチアプリケーションを記述
  • DSLはバッチアプリケーションを効率的に記述するための様々なインターフェースやテンプレートを提供
  • 規模や複雑性の増加に対して適切な粒度でコンポーネントを管理するソフトウェア構造を導入
  • バッチ処理に付随する外部システムとのデータ連携やワークフローに
    関する動作を管理し、一貫性の高い安定したバッチ運用環境を提供。
  • HadoopSpark , M3 for Batch Processing といった様々な並列分散処理系の
    プラットフォームをバッチ処理基盤として利用することができる。
  • バージョン間、プラットフォーム間の互換性や相互運用性を重視し、
    環境の変化に対して、より優れたプラットフォームへの移行を容易にする。

参考

チュートリアル

Asakusa Frameworkサイト

技術情報サイト

関連プロダクト

Jinrikisha (人力車)

Asakusa Framework の開発環境を手軽に構築するためのインストーラパッケージ

Shafu (車夫)

Asakusa Framework のバッチアプリケーション開発をサポートするEclipseプラグイン

OSSコンソーシアム > asakusafw部会

https://www.osscons.jp/asakusafw

セミナー資料&成果物 キャビネット

https://www.osscons.jp/asakusafw/files/


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-29 (金) 02:08:02 (20h)