.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

SaaS開発で調べたスマホネイティブ/Androidのデバッグについてのメモ。

実機 or エミュレータ

エミュレータ

実機

Android Debug Bridge (adb)

https://developer.android.com/studio/command-line/adb?hl=JA

概要

  • エミュレータや接続された端末と通信できる
    用途の広いコマンドライン ツール
  • adbは、android_sdk/platform-tools/ にある。

コンポーネント

クライアント

  • 開発マシンで実行される。
  • adbコマンドを送信する。

サーバー

  • 開発マシンでバックグラウンド プロセスとして実行される。
  • クライアントとデーモン間の通信を管理する。

デーモン

  • 端末でコマンドを実行する。
  • 各エミュレータ / 端末インスタンスで
    バックグラウンド プロセスとして実行される。

仕組

以下の順でデバッグが確立する。

adb クライアントを起動する

  • adb クライアントを起動すると、既に実行されている
    adb サーバ プロセスがあるかどうかを最初に確認する。
  • adb サーバ プロセスがない場合、クライアントはサーバを起動。

クライアント・サーバ間の接続

  • サーバーが起動すると、サーバはローカル TCP ポート 5037 をリッスン。
  • すべての adb クライアントはポート 5037 を使用して adb サーバと通信。

サーバとエミュレータ / 端末インスタンスの接続

サーバは、以下の方法でエミュレータ / 端末インスタンスへの接続をセットアップ。

  • サーバは、エミュレータ / 端末が使用する ポートをスキャンしインスタンスを見つける。
  • サーバは adb デーモンを見つけると、そのポートへの接続をセットアップする。
  • 各エミュレータ / 端末インスタンスはサーバへの連続ポート+1の接続をセットアップする。
  • 以下その例。
    エミュレータ 1、コンソール: 5554
    エミュレータ 1、adb: 5555
    エミュレータ 2、コンソール: 5556
    エミュレータ 2、adb: 5557

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-26 (水) 10:56:24 (38d)