.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

技術要素 - MMI(高度:午前Ⅰ、午前Ⅱ)

詳細

アクセシビリティ

JIS X 8341-1:2010

高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス

  • JISX8341-1 第 1 部:共通指針
  • JISX8341-2 第 2 部:情報処理装置
  • JISX8341-3 第 3 部:ウェブコンテンツ
  • JISX8341-4 第 4 部:電気通信機器
  • JISX8341-5 第 5 部:事務機器

共通指針の目的

多様な人々の利用状況と要求事項を考慮し、
多くの個人のアクセシビリティ水準を改善する。

  • 平均的な人を対象としない。
  • 全ての個人を対象としない。
  • 要求水準に関する言及は無し。
  • 人間工学に関する規格を参考にできる。

ウェブコンテンツ

メジャーどころに、

  • alt属性(代替となるテキスト)
  • Tableタグ→ul・olタグ
  • HTML→タグ付きPDF

などがある。

ユーザビリティ

JIS Z 8521

アウトライン

  • 人間工学-視覚表示装置を用いるオフィス作業-使用性の手引き
  • 附属書 A 利用の状況の指定例
  • 附属書 B 使用性尺度の例
  • 附属書 C 使用性要求仕様の例
  • 附属書 D 他の規格との関連
  • 附属書 E 参考文献

定義

  • ある製品が、
  • 指定された
    • 利用者によって、
    • 利用の状況下で、
    • 目標を達成するために
  • 用いられる際の
  • 有効さ (effectiveness)
    ユーザが、指定された目標を達成する上での正確さと完全さ
  • 効率 (efficiency)
    ユーザが、目標を達成する際に正確さと完全さに費やした資源
  • 満足度 (satisfaction)
    不快さのないこと、及び製品使用に対しての肯定的な態度

の度合い

評価方法

  • 分析的手法
    主観評価できるので、満足度 (satisfaction)の評価に利用できる。
  • インタビュー法
    ...。
  • ウェブユーザビリティ評価スケール
    Webユーザビリティを定量的に評価するためのアンケート評価手法。
  • 実験的手法
    主観評価できない。
  • ユーザビリティ・テスト
    利用者を観察して問題点を明らかにする。
  • アイトラッキング調査
    人間の視線の動きを追跡・分析する手法
  • ログ・データ分析
    利用者の操作から問題点を明らかにする。
  • ヒューリスティックス評価
    専門家による経験則(ヒューリスティックス)を用いた分析

フールプルーフ

以下の様な防止(プルーフ)を中心にした設計・実装で、
原因解明や復旧などの設計・実装では無いことに注意。

  • 利用者が
    • 操作や取り扱い方を誤っても危険が生じない、
    • あるいは、そもそも誤った操作や危険な使い方ができない
  • ような構造や仕掛けを
    • 設計段階で組み込むこと。
    • また、そのような仕組みや構造。

二モニックコード(連想コード)

  • 意味の有る文字列で連想できるようにしたコード。
    • HND : 羽田空港
    • FUK : 福岡空港
  • その他のコード体系

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-12 (月) 13:24:09 (11d)