.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

技術要素 - マルチメディア(高度:午前Ⅰ、午前Ⅱ)

詳細

情報媒体(メディア)の様態の一種で、
情報機器を用いて、デジタル化された
文字や画像、動画、音声など、様々な種類・形式の
情報を組み合わせて統合/複合的に扱うもの。

技術

SMIL

  • SMIL : Synchronized Multimedia Integration Language
  • マルチメディア・コンテンツをWebページに埋め込むXMLベースの言語(W3C勧告)
  • ネットを調査してみた限り、全く流行ってない感がある。

SVG

  • SVG : Scalable Vector Graphics
  • 2次元ベクターイメージ用の画像形式のXMLベースの言語(W3C勧告)

PCM処理

標本化(アナログ→デジタル)を行う。

動画のデジタル化

  • H.264/(MPEG-4) AVCは以下で使用される。
    • デジタル放送方式
    • マルチメディア規格
    • 動画共有サービス
  • なお、日本の地デジ・BSデジタルは、MPEG-2を採用しているらしい。

音声のデジタル化

  • ドルビーデジタル(Dolby Digital、AC-3:Audio Code number 3)
    ゲーム、映画など、幅広い規格媒体での音声記録に利用される。
  • Advanced Audio Coding(AAC)
    MP3の後継フォーマット、地デジ・BSデジタルで採用されているらしい。
  • G.729
    • 人の声を対象とした音声圧縮アルゴリズム
    • VoIP : Voice over Internet Protocolで利用される。

応用

コンピュータ・グラフィック

  • アンチエイリアシング
    エイリアシング(別名ギャギ : ジャギーノッチバック)が発生しないようにすること
  • メタボール
    球体など単純な曲面を持つ複数の立体を融合して、
    滑らかな曲面の表面を持つ立体を定義する方式。
  • レイトレーシング
    光線(レイ)を、算術演算処理をそれぞれ行うことで仮想的に逆方向に追跡し、
    ある点のの方向において観測される像などをシミュレートする手法。
  • ラジオシティ
    光源の側から、光として発せられたエネルギーの行方を熱力学的に処理する
    複数の物体が光を乱反射させて、お互いを照らす効果などが計算できる。

XX現実(xR)

  • 仮想現実(VR)
    • VR : Virtual Reality
    • コンピュータによって作り出された世界である
      人工環境・サイバースペースを現実として知覚させる技術
  • 拡張現実(AR)
    • AR : Augmented Reality
    • 人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術
    • 若しくは、コンピュータにより拡張された現実環境そのもの
  • 複合現実(MR)
    • MR : Mixed Reality
    • 拡張現実(AR)と拡張仮想(AV)を包含する概念
    • 現実空間と仮想空間を混合し、現実のモノと仮想的なモノが
      リアルタイムで影響しあう新たな空間を構築する技術
  • 代替現実(AR)
    • AR : Alternate Reality
    • 日常世界をゲームの一部として取り込んで現実と仮想を交差させる
  • 代替現実(SR)
    • SR : Substitutional Reality
    • 現実の世界と過去の映像を混同させて、本来実在しない人物や事象が
      実時間・実空間に存在しているかのように錯覚させるシステム
  • 拡張仮想(AV)
    • AV : Augmented Virtuality
    • 仮想世界に現実の情報をオーバーレイさせるもの。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-12 (月) 13:25:07 (11d)