.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

2018年度

7月部会

  • 汎用認証サイト + FIDO2認証器 連携 SW

9月部会

  • OSSコンソーシアム内、部会紹介
  • 汎用認証サイト + FIDO2認証器 連携 SW

部会概要

開発基盤部会 - OSSコンソーシアム
https://www.osscons.jp/dotNetDevelopmentInfrastructure/

★ 見ても解らないので、下で説明します。

部会で、やっていること。

  • ★ 基本的に、生産性向上がミッション( ≒ 生産技術)。
  • ★ 生産技術の視点では、
    • 「スクラッチ開発の生産性向上」から、
    • 「課題解決に近い新技術導入の生産性向上」への

へのシフトの機運が高まっている感じがする。

  • フレームワーク&ライブラリ(本体)
  • ★ 業務アプリ開発基盤(v1)
  • ★ サービス・アプリ開発基盤(v2)
  • サブ・ワーキング
  • Webサービス開発 SW(停止中)

最近、重要だと思っていること。

  • 生産技術自体も要素技術のコモディティ化に追随して、
    能率面だけでなく、効率面の生産性も上げていかないと厳しい。
  • しかし、R&Dは、R&Dで、コモディティ化が激しく、
    独自の研究・開発の芸風からの脱却が必要になって来ている。
  • 生産技術自体の生産性を上げるため、
    OSS(v1, v2, v3)の開発・案件導入を推進して行く。
  • 昨今、商流関係無しのOSS導入アリ。
    経験的に「Face to Face」が重要と分析している。
  • ★ 案件導入を推進するためには、
    ステークホルダー・マネジメントが重要になってきた。
  • ★ ステークホルダー・マネジメントしていると、結果的に、
    マーケティング & プロモーションが重要になってくる。
    • ステークホルダーのニーズを知る = マーケティング
      • 開発基盤、DevOps?: 近いニーズ
      • PoC系(IoT, AI): 遠いニーズ
  • ステークホルダーを納得させる = プロモーション
    • ブログを書く(週2ペース)
    • 色々なトコロに出展させていく(OSCなど)。

プロジェクト(AS-IS -> TO-BE)

前述の検討結果を踏まえて事業的側面を強化する。

  • ★ (v2)
    • OpenID系の認証基盤開発、既存テンプレートの認証基盤連携は、ほぼ完了。
    • スマホ・ネイティブやハイブリッド・アプリケーションの認証含めたテンプレート化
  • ★ (v3)DevOps?
    • (レグレッション)テスト自動化、CI / CD基盤の導入
    • Docker, Open PaaS(ASP.NET Core on Linux)
  • ★ (v3)IoT, AI:
    現時点では、何やったら良いか良く解らない。

部会連携

★ 検討課題。

  • AS-IS系
    クラウド部会、データベースともに使っているけど、どう連携するか?
    • クラウド部会
    • データベース部会
  • TO-BE系
    需要がシフトしているので、上手く絡めると良いなぁと思っている。
    • 分散コンピューティング部会
    • AI IoT Robotics Automotive部会
  • 上モノ系
    上モノ(アプリ)は近いと思ってたけど逆に遠いのかも知れない。
  • 教育ICT部会
    今のトコロ、教育系のプロダクトにコアに係っていない。
  • オープンCOBOLソリューション部会
    TP1/COBOLのフロント開発とかやったことあるので、
    そういう組合せで提案したりすることは出来るかも?
  • 実家が近い系
    • 東海支部

キーワード

★ 某弊部会でやって行けそうな技術。

  • 言語
    拘っていない。
    • .NET
      と言いつつ。
      • .NET Framework
      • .NET Core
      • .NET Standard
    • JavaScript
  • 認証技術
    • FIDO2
    • OpenID
      • OAuth2
      • OpenID Connect
      • Financial-API
  • フロントエンド
    • Node.js系のCLIツール
      • SPA: JavaScript, React.js, etc.
      • Android, iOSの Frontend: Apache Cordova, PWA.
    • mBaaSなどの、Backend アプリケーション開発技術
  • DevOps?
    • (レグレッション)テスト自動化
    • CI/CD基盤の導入
    • Docker, Open PaaS(ASP.NET Core on Linux)
  • IoT, AI
    • Apache NiFi?

2019年

1月メモ

何故、生産技術とR&Dは、別々に扱われていたのか?

  • 先ず、「生産性向上」と「技術開発」でミッションが違う。
  • 次いで、注力するマーケット・ライフサイクルも「メインストリーム市場」と「初期市場」で異なる。
  • 昨今は、このライフサイクルの後半程、コモディティ化の度合いが大きくなっていっている。
  • そいう意味で、ジャパン・トラディショナルなメーカー系プロダクトが淘汰されている。
  • また、「デマンドサイド寄り」か?「サプライサイド寄り」か?が異なる。
    所詮はベンダなのでデマンドサイドには寄り切れないが、
    • 生産技術のほうが、若干、デマンドサイド寄り。
    • R&Dのほうは、がっつり、サプライサイド寄り。
#ミッションマーケット・ライフサイクル寄り
1生産技術生産性向上メインストリーム市場デマンドサイド
2R&D技術開発初期市場サプライサイド

昨今のトレンド

  • 対立構造の解消
  • アジャイル
    サプライサイド・デマンドサイド対立の解消
  • DevOps?
    アプリ開発・システム構築 / 運用 対立の解消
  • 脱製造
    プロフィットセンター・コストセンター対立の解消
    マーケティング、設計、調達、生産、物流、販売を一体でやる
  • 「生産技術研究グループ」なんて言う
    部署名が身近で誕生したりしている。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-27 (日) 17:27:37 (148d)