.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

2018年

7月 部会

下記の部会の実施

  • 汎用認証サイト + FIDO2認証器 連携 SW

9月 部会発表

下記の部会の実施

  • OSSコンソーシアム内、部会紹介
  • 汎用認証サイト + FIDO2認証器 連携 SW

部会概要

開発基盤部会 - OSSコンソーシアム
https://www.osscons.jp/dotNetDevelopmentInfrastructure/

★ 見ても解らないので、下で説明します。

部会で、やっていること。

  • ★ 基本的に、生産性向上がミッション( ≒ 生産技術)。
  • ★ 生産技術の視点では、
    • 「スクラッチ開発の生産性向上」から、
    • 「課題解決に近い新技術導入の生産性向上」への

へのシフトの機運が高まっている感じがする。

  • フレームワーク&ライブラリ(本体)
  • ★ 業務アプリ開発基盤(v1)
  • ★ サービス・アプリ開発基盤(v2)
  • サブ・ワーキング
  • Webサービス開発 SW(停止中)

最近、重要だと思っていること。

  • 生産技術自体も要素技術のコモディティ化に追随して、
    能率面だけでなく、効率面の生産性も上げていかないと厳しい。
  • しかし、R&Dは、R&Dで、コモディティ化が激しく、
    独自の研究・開発の芸風からの脱却が必要になって来ている。
  • 生産技術自体の生産性を上げるため、
    OSS(v1, v2, v3)の開発・案件導入を推進して行く。
  • 昨今、商流関係無しのOSS導入アリ。
    経験的に「Face to Face」が重要と分析している。
  • ★ 案件導入を推進するためには、
    ステークホルダー・マネジメントが重要になってきた。
  • ★ ステークホルダー・マネジメントしていると、結果的に、
    マーケティング & プロモーションが重要になってくる。
    • ステークホルダーのニーズを知る = マーケティング
      • 開発基盤、DevOps?: 近いニーズ
      • PoC系(IoT, AI): 遠いニーズ
  • ステークホルダーを納得させる = プロモーション
    • ブログを書く(週2ペース)
    • 色々なトコロに出展させていく(OSCなど)。

プロジェクト(AS-IS -> TO-BE)

前述の検討結果を踏まえて事業的側面を強化する。

  • ★(v2)
    • OpenID系の認証基盤開発、既存テンプレートの認証基盤連携は、ほぼ完了。
    • スマホ・ネイティブやハイブリッド・アプリケーションの認証含めたテンプレート化
  • ★(v32.5)DevOps?
    • (レグレッション)テスト自動化、CI / CD基盤の導入
    • Docker, Open PaaS(ASP.NET Core on Linux)
  • ★(v3)IoT, AI:
    現時点では、何やったら良いか良く解らない。

部会連携

★ 検討課題。

  • AS-IS系
    クラウド部会、データベースともに
    使っているけど、どう連携するか?
    • クラウド部会
    • データベース部会
  • TO-BE系
    需要がシフトしているので、上手く絡めると良いなぁと思っている。
    • 分散コンピューティング部会
    • AI IoT Robotics Automotive部会
  • 上モノ系
    上モノ(アプリ)は近いと思ってたけど逆に遠いのかも知れない。
  • 教育ICT部会
    今のトコロ、教育系のプロダクトにコアに係っていない。
  • オープンCOBOLソリューション部会
    TP1/COBOLのフロント開発とかやったことあるので、
    そういう組合せで提案したりすることは出来るかも?
  • 実家が近い系
    • 東海支部

キーワード

★ 某弊部会でやって行けそうな技術。

  • 言語
    拘っていない。
    • .NET
      と言いつつ。
      • .NET Framework
      • .NET Core
      • .NET Standard
    • JavaScript
  • 認証技術
    • FIDO2
    • OpenID
      • OAuth2
      • OpenID Connect
      • Financial-API
  • DevOps?
    • (レグレッション)テスト自動化
    • CI/CD基盤の導入
    • Docker, Open PaaS(ASP.NET Core on Linux)

2019年

2、4月 部会

  • 汎用認証サイト + FIDO2認証器 連携 SW
  • 連携を検討頂いたが、連携先事業的にも難しいということで。

11月 部会発表

最近の活動状況を。

活動方針など

  • 基本的なことは、「年度 活動方針」に書いてある。
  • 最近、考えていることは、
    ブログの投稿内容からも読み取ることはできる。
  • 開発系
    ・Open棟梁
    ・汎用認証サイト
    ・.NET Core、Linux対応関連
  • ミッション
    ・ICT生産技術界隈よもやま話
    ・OSSコミュニティ活動
  • 最近考えている事
    ・組織的プロジェクト・マネジメント
    ・価値を創出するプロセスについて考える
  • その他
    ・トレンド、時勢
    ・その他

導入事例

PMIS

  • V1
    エンタープライズ・システム開発基盤
  • 検索結果(2019/10/20)
    AAAAA 1件
    他組織のデータでは6組織で225件(
       BBBBB 171件 
       CCCCC 35件
       DDDDD 9件
       元:EEEEE 7件
       FFFFF 2件
       GGGGG 1件
     )の事例がありました。
  • 2018/04(?)に調査した際の事例数は180件程度だった。
  • 大手のエンドユーザの採用なども...()。
  • 上記に伴いGr会社にも波及
    • 先月の東京出張はコレ。
    • 外部からの攻略が有効(治工具 → OSS化で可能になった)。
    • オーナーシップの無い人、内部を巻き込んでもしょうがない。
  • 予算面 ... 厳しい
    • Buzz系の方が付く。
    • ビークル側での導入が不調(事業 / 文化とミスマッチ)
    • ベネフィット創出にコミットしない(オーナーシップが無い)。
    • 結論:裁量労働的にはコミュニティでイイか...(謎)。
  • V2
    サービス開発基盤
  • 導入事例...()。

マイブーム

プログラム・マネジメントからの価値創出 → 組織化

  • プログラム・マネジメント
  • 勉強してみて、
    • そもそも、プログラムになっていた。
    • ビジネス・フレームワークに当てはめ、妥当性を検証
    • より大きな価値(ベネフィット)創出を目指す。
  • 価値創出

技術的な話

  • 継続的に、脱Windows & .NETしている。
    • 主に、Linux & JavaScript方面にシフトしている。
    • Windows & .NETがダメという話では無いので注意。
  • .NET開発基盤部会 → 開発基盤部会へ。
    いよいよLinux(WSL、Docker)で本格的に動作、Node.jsへの取り組みも拡大。

クラウド・インテグレーションは、認証系を除くと、≒ 項目移送おじさん2ndエディション
(価値を創出できる箇所が絞られてきた感がある → 要素技術かプログラム・マネージャ)。

オーガナイザーへ

  • プログラム・マネージャからオーガナイザーへ。
  • 最近、解って来たんですが、私、デマンドサイド人だと思います。
  • 恐らく、OSSCのメンバの多くは、殆ど、サプライサイドと思います。
  • Windows & .NET、デマンドサイドとクラスタが違うので生暖かく見守って頂きたく。
  • V3 検討ネタ(IoT, ビッグデータ, AI)
  • クラウド・インテグレーション & IoTの事例とは結構違う。
  • こんな感じ?
  • 汎用認証サイトに「Device Flow」を実装したい。
  • osscons.jp
  • slideshare.net

メモ(1月)

生産技術とR&D

何故、生産技術とR&Dは、別々に扱われていたのか?

  • 先ず、「生産性向上」と「技術開発」でミッションが違う。
  • 次いで、注力するマーケット・ライフサイクルも「メインストリーム市場」と「初期市場」で異なる。
  • 昨今は、このライフサイクルの後半程、コモディティ化の度合いが大きくなっていっている。
  • そいう意味で、ジャパン・トラディショナルなメーカー系プロダクトが淘汰されている。
  • また、「デマンドサイド寄り」か?「サプライサイド寄り」か?が異なる。
    所詮はベンダなのでデマンドサイドには寄り切れないが、
    • 生産技術のほうが、若干、デマンドサイド寄り。
    • R&Dのほうは、がっつり、サプライサイド寄り。
#ミッションマーケット・ライフサイクル寄り
1生産技術生産性向上メインストリーム市場デマンドサイド
2R&D技術開発初期市場サプライサイド

昨今のトレンド

  • 対立構造の解消
  • アジャイル
    サプライサイド・デマンドサイド対立の解消
  • DevOps?
    アプリ開発・システム構築 / 運用 対立の解消
  • 脱製造
    プロフィットセンター・コストセンター対立の解消
    マーケティング、設計、調達、生産、物流、販売を一体でやる
  • 「生産性向上」と「技術開発」が
    融合したような部署名が身近で誕生したりしている。

2020年

11月 部会発表

今年も、部会発表は11月になりました。

活動方針など

前回から変更なし。

  • 計画は、着実に進行中。

導入事例

  • PMIS 検索結果
    • 2018/04:180件
    • 2019/02:203件
    • 2019/10:226件
    • 2020/06:240件

※ だいたい、30案件 / 年 程度の導入実績がある。
※ 殆どが、V1系。V2系は、僅かに数件程度。
※ V2, 3系に該当する案件は、まだ非常に少ない。

  • PV
    • Wiki
      20XX年度のデータは
      「20XX/08/10 - 20XX+1/08/09」
      の間のPVを集計したモノ。
  • 集計表
    最近は、90万PV / 年 程度
    #サイト2015年度2016年度2017年度2018年度2019年度
    1MSTC247,913351,204527,645756,671763,301
    2棟梁16,44729,34531,88532,21236,117
    3部会11,88133,38142,55779,966
    4合計264,360392,430592,911831,440879,384
  • グラフ
    スケールは違うが伸び率は似たり寄ったり。
    イメージ
  • Blog
    • 2.5年前から週3回投稿
    • 現在、385件の投稿あり。
    • PVは、どの位なのだろうか?
  • YouTube?
  • 2020/5 - 動画投稿を開始してみた。
  • 2020/5 - 11 の 6ヶ月間の視聴回数:850回

※ 部会活動7年目だが、まだまだ、指標も
  徐々に明らかになりつつあるフェーズ。

マイブーム

技術的な話

  • v1系は、
    • 保守フェーズへ...。
    • とは言え。ユーザは最多。

※ いつの間にか、Linux上での動作や開発も可能になった
※ 近日、.NET 5 への対応を実施する予定。

企画系エンジニアリング

  • 生産技術と研究開発に差が無くなってきたと書きましたが、
    技術職と企画職にも差が無くなってきたような気がしています。

背景の空気感

  • 全体的に、ソリューションが弱い。
    • GAFA(M) → 退屈
    • YouTuber?は面白かったが徐々に退屈に。
  • 退屈になる理由:
  • 風に乗ってるダケの人が
    増えてくると退屈になる。
  • 規制が強くなるから?
    • YouTube?では、規約更新が。
    • クラウド系では、OSSライセンス?
    • 政治では、ポリティカル・コレクトネス
    • 規制が強くなる理由は?
      ・何が面白いか?では無くなる。
      ・金にならない事はヤらない。
  • 出来る空気なのに、出来てない。
    • 認証
    • モバイル
    • クラウド
    • コンテナ
    • DX(IoT、BD、AI)
  • 技術的には、出来はする。
    • ソリューションが無いから予算がつかない。
    • 風に乗ったモノに予算は付く。
    • 共通基盤が風に乗っている。
    • ...が実態は開発基盤と同じ。
    • 案外、歴史の古い開発基盤側も出来てない。
  • 課題はソリューション側?
    企画系エンジニアリング」の重要性が増す?
    • 生技系 → 要素系(逆行?)
    • ソリューション → インサイト(古い?)
  • 参考
    2020年 SIビジネス・10大予想 :ITソリューション塾:オルタナティブ・ブログ
    https://blogs.itmedia.co.jp/itsolutionjuku/2020/01/2020si10it.html
    • 予想1 :デジタル・トランスフォーメーション(DX)に関わるビジネスの多くはかけ声倒れに終わる
    • 予想2 :SI事業者のプラットフォーム戦略は、大きな成果をあげられない
    • 予想3 :アジャイル開発に関われないSI事業者のビジネス・チャンスが制約される
    • 予想4 :オンプレミスにクラウド・ネイティブが浸透する
    • 予想5 :5Gがスタートするもビジネスの方向性を描けないでまごつく企業が続出
    • 予想6 :「働き方改革」の成否がSI事業の成否を分ける
    • 予想7 :ユーザー企業がSI事業者と競合する時代を迎える
    • 予想8 :ヒューマン・オーグメンテーション(人間拡張)を見据えたビジネスの再定義が必要になる
    • 予想9 :クラウド・ネイティブへの対応の差がSI事業の業績に決定的な差を生みだす
    • 予想10:ITリテラシーの低い企業/人たちはビジネス・チャンスを失う

オフレコ

働き方改革&コロナで変わってきた。

  • ホントの意味での裁量労働になってきた。
  • フルリモートで拘束時間が無くなった。
  • コミュニティ(部会)活動は、
    • 会社の予算「外」化
    • 名義は個人 or 部会
  • 実働は、コミュニティ(部会)活動が中心に。
  • アセットが「社内 <<< 社外」と言う特殊な状況になった。
  • KPIは、「コミュニティ(部会)成果物の引き入れ」で達成する。
  • 漫画家のような生活(面白いネームを考えて絵を書く仕事)

その他の活動

オンライン or セルフZoom

他組織との連携

  • Covidデータ活用
  • 第1回 ReceiptLine? ハンズオン・セミナーに参加。

その他の活動

部会メモ(Open棟梁)


添付ファイル: filePV_Graph.png 13件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-12 (木) 18:39:45 (13d)