.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

プロジェクト選定委員会の運営方針的な。

詳細

情報源

マーケティング

トレンドの分析(シェア)

ES/CSアンケート

  • ES(従業員満足)
  • CS(顧客満足)

事業部アンケート

主活動側へのアンケート

  • ターゲット職位によって回答の傾向が大きく異る可能性がある。
  • マーケティングES/CSとの擦り合わせが重要になる。

問合せ用ML

技術情報(導入・取得)

データベース

スタック&コラボレーション

技術マップなどをベースにして組み立て、大枠のスコープを決定する。

GO/NOGO判定用事例データベース

プロジェクト選定における教訓登簿を活用する。

認知バイアスのパターン

認知バイアスをチェックで利用する。

バリューチェーン分析

バリューチェーンを分析して、どのようにし
バリューチェーンにベネフィットに乗せるか?を検討する。

組織的PM(OPM)

更に、戦略的に、組織的に、行う場合は、組織的PM(OPM)を導入する。

前回プロジェクト一覧

前回の選定プロセスで作成したプロジェクト一覧

選定プロセス

MAXのプロジェクト一覧の作成

  • 具体的のある一覧 ≒ 現体制で考え得る世界観で、
    世界観以上の事は出来ない(思い付かない事をやろうと思っても無理)。

旧プロジェクト一覧へのフィードバッグ

前回プロジェクト一覧に、
PDCAOODAなどの手法で、フィードバッグを行う。

新プロジェクト一覧のチェック

広げた風呂敷をたたむ

何を選定するか?は、

  • 優先順位
  • リソース(人モノ金)
  • 担当者の得意分野
  • Gr内でのポジショニング

次第になる。

問題と対策

施策の訴求ポイント(例)

参考

価値、価値創出プロセス

天地人(時勢、未来、テクノロジ、人)

OSSコンソーシアム >開発基盤部会 Blog

予算立案とプロジェクト選定の問題

プログラム・マネジメントが上手く機能しない理由

新プログラムの起案と計画の経過

Qiita

予測と因果関係

※ 企業の意思決定の高度化という観点においては
  メカニズムを記述可能な統計モデル、統計解析手法というのが有効。

データ・インフォームド

  • データ・ドリブンからデータ・インフォームドへ。
    • データ・ドリブン
      データにドライブされてしまい、おかしな意思決定を行ってしまう。
    • データ・インフォームド
      データから得られたインサイトを持って、意思決定を行うときには、
      そのコンテクスト(背景)、確率、リスク、解っていないこと、等を考慮するべき。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-11-26 (金) 09:51:26 (51d)