.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

一口に「テスト・ツール」と言っても
色々あるので、テスト・ツール類の歴史を書いた。

詳細

ツールの区分

デバッグ系

  • WinDbgなどのローレベルのデバッガ。
    本番環境で、障害を起こした場合の分析などに利用される。
  • 統合開発環境 (IDE)に同梱されたデバッガ。
    • ビルド~デバッグが自動化されている。
    • IDEでのデバッグは、
      • デバッガを注入(アタッチ)し、
      • コーディング中のコードの
        ステップ実行などが可能になっている。

運用系

デバッグ系の延長上のモノを含む。

開発系

  • カバレッジやコードレビュー機能
    DevPartner?やJtestなど。
  • SI系のテスト作業支援系の内製ツール
  • ステップ・カウンタやカバレッジ等のツール
  • EXCELスクショ系
    エビデンスのスクショをEXCELに貼る作業の支援
  • チェックリストの作成ツール
    マトリックス型のチェックリストを作成ツール

自動化系

  • JUnit / NUnitが基礎になっている。
  • 失敗PJ
    自動化系は失敗PJがカナリ多かった認識。
  • GUIテスト自動化
    • 内製ツール類(ペイラインに乗らず、Selenium化)
    • GUIテスト自動化ツールのSI開発への適用(参考

CI/CD

ビルドとデリバリ(デプロイ)の自動化中に自動化系を差し込む。

DevOps

CI/CD系より広範囲なツールチェーン(リンク先を参照

バグ・トラッカー系

昔から内製品が存在し、昨今はOSSで多様なモノが存在する。

歴史的経緯

初期

  • 開発系では、
    • 徐々にプロプラのツール群が増えていった。
    • また、並行して、SIerの自助努力も見られた。

自動化期

  • 以降のツールは、OSSが主流になり、プロプラは、徐々に市場から姿を消していった。
  • 自動化系は、失敗PJが多く、SI開発への適用では、更に不適合が多かった。

CI/CD期

CI/CD系は、

  • Jenkinsが走りで、後に、GitHubクローンに同梱されて行った。
  • 元々、サービス文化で、従来型のSIには適合し難い部分も多い。

DevOps?

DevOps系は、

  • 同様に、サービス文化で、従来型のSIには適合し難い部分も多い。

SIの今後

内製品はペイラインに乗らない。

  • ニッチ系ツールも浸透していない状況。
  • 浸透していないと言う事は、
    基本的には、効果がコスパに合わないモノと考える。
  • ステップ・カウンタやカバレッジ以外はdisconに。

サービス文化に寄せていく。

  • 従来型のSIには適合し難い部分も多いが、
    サービス文化に寄せていくことになると思われる。
  • 出来る or 適合するプロジェクトがその先に進めば良い。

参考

...


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-02-18 (木) 19:43:15 (17d)