.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

生産技術的なプログラム・マネジメントでプログラムを構成するポイント。

詳細

スタック

  • 非機能要件
    • トレンドの影響を強く受ける。
    • 中長期で、影響は大きくなっていく。
  • 前提条件の設定。
  • 昨今、適切にできて当たり前。
  • オープンなモノを適切に選択してスタックさせる。
  • これは、スタックが構成できるようになって、
    ようやくスタートラインに立てる。
    ≠ プロジェクトの差 別化ポイント。

コラボレーション

  • 機能要件、
    • 自社事業の影響を強く受ける。
    • ただし、トレンドの影響も受ける。
    • 短期的には影響力が強い。
  • 様々なスタックで構成される各種機能を連携させて、
    エンド ユーザから見て具体的な業務機能を提供する。
  • 技術的にも、業務的にも、深い所までやらないと
    具体的なコラボレーションは実現不可能。
    ≒ プロジェクトの差別化ポイント。

スタック&コラボレーションの例

https://www.slideshare.net/daisukenishino/open-151001503/3

ポイント

  • スタック
  • 技術的なスタックを適切に構成するには、以下を考慮する。
    • トレンドなどを鑑み(主にライフサイクル面)、
    • 自社事業のセグメント&ターゲットに適合するか?
  • 適切なスタックの要素を選定するにはKPI、KGIが重要になる。
    (それらを設定した、明確な根拠が必要になる)
  • コラボレーション
  • 新規のコラボレーション部分は、
    ほぼ、ポートフォリオの内容に従っている。
  • 「強みの上に築け(Build on strength)」的に考えると、
    既存のスタックの山との横の繋がりを考えていくと良い。

開発基盤での具体例

参考

SlideShare?

どうやって「価値」を産むか?

...。

OSSコンソーシアム > 開発基盤部会 Blog

開発基盤のプログラム・マネジメントについて書いてみた。

https://www.osscons.jp/jodfa0hou-537/

某弊部会のプログラム・マネジメントについて書いてみた。

https://www.osscons.jp/jo7bnzi9h-537/

自分のやったアウトプットに対する反応にもスタックできる状況は強い。

https://www.osscons.jp/jo6o9e14n-537/

ドキュメントもオブジェクトモデル設計的になってきた感(Word / Excel 笑)

https://www.osscons.jp/jol4dn611-537/

若者は将来のスタックの上。老人は...現在のスタックの下に入ってる?

https://www.osscons.jp/jolnruh3w-537/

一方で「若者のカタストロフィ芸」という問題もあるのだが、

https://www.osscons.jp/jo1hyewe6-537/

Open 棟梁 Wiki

開発基盤のプログラム・マネジメント

開発基盤のKPIとKGI


添付ファイル: file無題.png 32件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-19 (木) 10:08:27 (116d)