.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

生産技術的なプログラム・マネジメントでプログラムを構成するポイント。

詳細

スタックコラボレーション

スタック

  • 非機能要件
    • トレンドの影響を強く受ける。
    • 中長期で、影響は大きくなっていく。
  • 前提条件の設定。
  • 昨今、適切にできて当たり前。
  • オープンなモノを適切に選択してスタックさせる。
  • これは、スタックが構成できるようになって、
    ようやくスタートラインに立てる。
    ≠ プロジェクトの差 別化ポイント。

コラボレーション

  • 機能要件、
    • 自社事業の影響を強く受ける。
    • ただし、トレンドの影響も受ける。
    • 短期的には影響力が強い。
  • 様々なスタックで構成される各種機能を連携させて、
    エンド ユーザから見て具体的な業務機能を提供する。
  • 技術的にも、業務的にも、深い所までやらないと
    具体的なコラボレーションは実現不可能。
    ≒ プロジェクトの差別化ポイント。

開発基盤

  • 最新
    スタック&コラボレーションの例
  • スタック
  • 技術的なスタックを適切に構成するには、以下を考慮する。
    • トレンドなどを鑑み(主にライフサイクル面)、
    • 自社事業のセグメント&ターゲットに適合するか?
  • 適切なスタックの要素を選定するにはKPI、KGIが重要になる。
    (選定の結果、目的が達成される。と言う(明確な)根拠が必要になる)
  • コラボレーション
  • 新規のコラボレーション部分は、
    ほぼ、ポートフォリオの内容に従っている。
  • 「強みの上に築け(Build on strength)」的に考えると、
    既存のスタックの山との横の繋がりを考えていくと良い。

データ・パイプライン

参考

SlideShare?

どうやって「価値」を産むか?

...。

OSSコンソーシアム

開発基盤部会 Blog

Open 棟梁 Wiki


添付ファイル: file無題X.png 32件 [詳細] file無題0.png 22件 [詳細] file無題1.png 31件 [詳細] file無題2.png 43件 [詳細] file無題.png 146件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-03-29 (月) 11:56:27 (22d)