.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

デメリット

・・・

メリット

手作業が不要

オンライン決済サービスと連携した場合は、
請求書送付先の審査などの手作業が不要になる。

個人や中小企業で導入が容易

  • 通常、個人や中小企業がカード決済を導入するには、
    カード会社の厳しい審査を通過する必要がある。
  • 料金を支払う側と料金を受け取る側の間に、
    このオンライン決済サービスが介在することで、
    料金を受け取る側がカード会社と直接契約しなくても
    自身のWebサイトでクレジット決済を導入できる。
  • 個人事業主や中小規模の法人であっても、
    安く簡単に自社のWebサイトにクレジット決済を導入できる。

簡単に実装できる。

  • 決済処理の基盤を自分で開発する必要が無い。
  • Webアプリケーションに簡単に組み込むことができる。

処理

以下、WebPayを試用して検討したオンライン決済処理の概要

sign-up後に

  • カード情報入力してもらい、
  • 顧客オブジェクトIDを企業テーブルに登録する。

月末

  • 課金情報を集計して、
  • 顧客オブジェクトに課金処理を行う。

任意のタイミングでの購入

顧客オブジェクトに課金処理を行う。

カード変更

・・・

参考

オンライン決済サービス

Stripe

WebPay

PAY.JP

オンライン決済サービスの比較


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-31 (火) 10:43:33 (845d)