.NET 開発基盤部会 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • 定義を明確にするためメモ。
  • 現時点で明確な定義は無いが、
    • 案件レベルで作成した、
    • 質の低い独自実装の

フレームワーク全般を指す用語と思われる。

詳細

オレオレ・フレームワークの考察

  • 「オレオレ・フレームワーク」という用語は、
    • 厳密には、フレームワークの要件を満たしていないライブラリやテンプレートにも適用される。
    • 基本的に、disりのコンテキストで利用されるので、プロダクトに何らかの問題があることを示している。
  • 基本的にシェアが取れているプロダクトに対して、
    「オレオレ・フレームワーク」と言う言葉は使用しないため、
    「オレオレ・フレームワーク」であるか?否か?の必要条件として
    「シェアが取れていない」と言う条件がありそう(ただし十分条件ではない)。

車輪の再開発

純粋に既にシェアを取っているプロダクトの「車輪の再開発」をするようなケースは、
ユーザにとってのメリットも少なく、「オレオレ・フレームワーク」とdisられることになる。

.NET系は純正品の完成度が高く、コレの開発をヤルことは殆どなかったが、
黎明期のJavaでは、フレームワークが乱立した時代があった模様。

低品質なプロダクト

  • 「シェアが取れていない」、「オレオレ・フレームワーク」は、
    品質に問題があることが多く、「オレオレ・フレームワーク」とdisられる。
    • 特にUX等の品質が低くてみんなをイライラさせるプロダクト。
    • 殻に閉じ篭って品質が上がらないプロダクト(将来性が無いので習得したくない)。
  • フリーランスなどからしてみると
    • 習得したい知識では無いし、
    • 足枷のように見える。

ニッチ プロダクト

  • ニッチとは「隙間」を意味する「特定のニーズ」や「小規模の市場」のこと。
  • 「特定のニーズ」や「小規模の市場」なので、そもそもシェアが取れない。

フレームワークが開発される経緯

車輪の再開発

  • シェアを取るつもりだったが、結果的にシェアをとれなかったプロダクト
  • そもそも、シェアを取るつもりでやっていないプロダクト

※ 前者は単なる残念。
 後者は単なる趣味なら問題ないけど、チーム開発になるとキツイ。

低品質なプロダクト

  • 殻に閉じ篭って品質が上がらないクローズドなプロダクト
  • 密結合な Dry(Don't repeat yourself) のために、
    案件レベルで追加するレイヤは、きっとオレオレ・フレームワークになる。

ニッチ プロダクト

自分のドメインの特定のニーズに合わせて

  • 既存品の上位スタックを追加開発するケース
  • 上位スタックを独自スタックで置換するケース

等が考えられる。

オレオレ・フレームワークの十分条件

「シェアが取れていない」に、以下の2つの条件を組み合わせると、十分条件となりそう。

車輪の再開発

結果として、シェアの取れていない(若しくは初めからシェアを取るつもりのない)、車輪の再開発プロダクト

低品質なプロダクト

結果として、品質が上がらず、シェアの取れていない(若しくは初めからシェアを取るつもりのない)任意のプロダクト

ニッチ プロダクトには品質向上が必要

  • ニッチ プロダクトについては、シェアを取れていないが、
    → オレオレ・フレームワークの必要条件とはならなそう。
  • 自分のドメインの特定のニーズには必要になる。
    例えば...
    • チーム開発には必要なレイヤになる。
    • 大規模化した時に、維持・保守を可能にする。
  • 以下のトレードオフのバランスをとることが重要になる。
    • 何もせず、特定のニーズに問題を抱えたものにする。
    • 設備投資を行い
      • 特定のニーズを満たす。
      • 構築した設備の維持・保守の課題の発生と解決。

「オレオレ・フレームワーク」という用語にビビって何もしないエンジニア、
生産性低いから、先ずは最低限、テンプレートぐらいは作って公開するとイイと思う。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-04-03 (水) 11:58:48 (22d)